60sec STEREO

最近は80年~90年代のCDレビューが中心のブログとなっています♪

勢いのあった初期PEARL 1987年9月発売 PEARL SECOND(パールセカンド) 

ラグビーW杯日本代表はサモア下して開幕3連勝です!さてさて本日ご紹介するアルバムはPEARL SECOND(パールセカンド)1987年初期の4人でのバンド名 PEARL(パール)でのデビューアルバムからわずか8か月後に発売された2ndアルバム です。CBSソニーからのデビューでしたので当時はEPICを含めソニー系いいバンドが多いなと思っていました。この初期パールはボーカルの田村"SHO-TA"直美とドラムの宮本"HONEY"ひろ美という二人の女性メンバー+ギターとベースが男性メンバーという男女半々の構成でしたが、ギターのKAZUYAこと大橋イサム(現在は"大橋勇武"表記)は当時人気のあったザ・スクエアの超絶テクニカルなギタリスト安藤まさひろ氏が講師を務める音楽学校出身ということで注目されました。友人がスクエア好きだったのでこのパールの曲もよくコピーしていました。このアルバムのあとE=MC2というミニアルバムまではギターを担当していましたがその後脱退しています。当時から思っていました。間違いなく音楽性の違いだったと。

f:id:allenkk:20190920220703j:plain

バンドのスピード感あるけど骨太なストレートなロック感とはちょっと違うスタイルのギターだったかなと思います。このアルバムの中ではGold Rush、Rock and Blues Woman、Pearl、Stillなどが代表曲。Gold Rushの歌詞の中の「お前の中に眠ってたまだやれる力を掘り起こせ!」など女性ボーカルバンドにしてはストレートでメッセージのある日本語詞が多いです。曲によっては女性目線ではなく男っぽい歌詞も魅力です。Gold Rush はアルバムオープニングに相応しいノリのよい曲で好きでした。イントロのギターのアーミングがサイレン音に聞こえ、何かこう動き出す(動き出さなきゃダメ)な感じが曲の勢いと共に伝わってくる曲です。ギターワークは当時のバンドブームの中ではちょっとテクニカルなアプローチも多く、実際にコピーしてみても速弾きに近いフレーズもあり少しギターキッズには難解な部分もありました。

Gold Rush

Gold Rush

  • PEARL
  • J-Pop
  • ¥250

ミュージックビデオに関しては1枚目から2枚目の収録曲では作られていないかと思います。当時も見た記憶がありませんし調べてみても出てきませんでした。次のミニアルバムのE=MC2収録の Bluesをやらないかい が最初かな?当時はNHKの音楽番組やミュージックウェーブのようなライブ特番、TVKでやってた平山雄一のライブトマトで放送した回を録画して良く見てましたね。


PEARL / STILL ~ STEP OUT of THE ROAD

E=MC2に収録されているアコースティック・レディもブルージーで凄くカッコイイギターが聴けるのでおすすめです。現在はこのミニアルバム(8センチCDシングルに4曲入りで発売された)は再発されておらず。パールのベスト盤などで聴くことが出来ます。配信では見つけることが出来ませんでした。新生PEARL と言われる後期のカーマイン・アピスやトニー・フランクリンをメンバーにしたアルバムも持ってますのであとで紹介したと思いますがその前に名盤のファーストかな?

PEARL SECOND / Pearl (1987)収録曲

  1. Gold Rush
  2. アスファルト リバー シティー
  3. Feelin' Alright
  4. Cool Down -特別な愛の詩-
  5. Merry Xmas に -クリスマス-
  6. Rock and Blues Woman
  7. Key Word = T
  8. Soulful な Kiss
  9. Pearl
  10. Still

PEARL SECOND

PEARL SECOND

posted with カエレバ

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ
ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。