60sec STEREO

音楽と情報を吸収する日常 ♬ サッカーやバスケが待つワクワクする週末!

SONYウォークマン40周年イベント!「WALKMAN IN THE PARK」 Ginza Sony Park

2019年7月1日から9月1日まで Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)で行われているウォークマン40周年イベント「WALKMAN IN THE PARK」に行ってきました。東京メトロ銀座駅B9番出口直結でイベント会場内に入れますが日比谷駅からも地下通路で繋がっているので雨の日でも濡れずに行けます。

こちらは地下4階(B4)に展示されているWalkman Wall 1979年の初代から現在までのウォークマンが壁一面に展示されています。こちらのホールはイベントホールにも使われていて訪れた際はトークイベントを開催中で展示は見られませんでした。そのためトークイベント終了まで待ち入りました。やはりこの展示がこのイベント最大の見せ場だと思うので時間かかっても観てよかった。

B2のカスタムウォークマンのコーナーではアーティストによるカスタマイズされた作品が期間展示されているようです。

実機が触れて試聴できるコーナーはB1~B3フロアを広く使い、1979年から1年ごとに1アーティストの選曲したものが聴けコメントも掲載されています。1979年の初号機TPS-L2はヘッドホン端子が2つ付いていてペアで聴けるお洒落な仕様、当時は3万3千円もしたらしい。単3電池しか使えないしオートリバースでもないしもちろんリモコンもありませんがここから歴史が。

凄く懐かしかったウォークマンⅡの赤いモデル 試聴しようと思ったら電池切れかかっていて遅回しのような再生になっていました。トラブルですがこれもアナログらしく懐かしい。

イコライザー付きのモデル 展示のウォークマンの電池が切れたり不具合が出たモデルは会場のスタッフが一時的に引き上げたりして一部展示されていないものもありました。調整が終わると展示に戻されます。

WM-GX202 FM/AMチューナー、録音再生、マイク付き、スピーカー搭載 まるでラジカセ。 イベントスペース内試聴できる機器は子供が触ったりするので壊れるのではないかと心配です。実際展示引き上げられてるものもありました。このモデルのようにスイッチ類の押し心地が深く「カチッ!」とか「ガシッ!」としっかりしたものを子供たちは気に入って遊ぶ傾向があるようでした。最新のタッチパネル式のものではほとんど遊んでいなかったので単純に深く推せるボタンが珍しいからだと思います。

これは友人が最初に買っておそらくCDの音を初めて聞いたのはこのモデル 懐かしいです。

カセット→CD→MDと変化していったウォークマンディスクマン)テンキーの付いたモデル

開封のカセットテープもありました。懐かしいです。でもどっちかというとTDKのカセットテープ使ってたな。

8㎝CDシングル用のディスクマンD-88 写真のようにはみ出す形で12㎝CDの再生も対応していたかなり珍しいモデル こちらは Walkman Wall の展示だけで実機は触れなかったのが残念。また現在までのすべてのモデルが展示されているわけではなく自分の所有している(していた)モデルがあるとは限らないですが40周年の長い歩みの歴史が感じられます。まさにウォークマン

会場内4か所のスタンプを集めるスタンプリレーに参加するとカセットテープ型40周年記念パンフレット(ケース入り)が貰えます。数に限りがあるようです。

記念Tシャツは期間中に何度かに分けて数種類のデザインで発売されるようです。今回は購入しませんでしたが気になるデザインのものがあるのでまた訪れたいと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

今日で35周年!地球規模で行われた伝説的チャリティーライブLIVE AID

あのライブエイドから今日で35年

1985年の7月13日から14日にかけて行われた地球規模の大きなライブイベントLIVE AID (ライブエイド)80年代当時、飢餓で苦しむエチオピアを救うために行われた世界最大規模のLIVE イベントでした。チャリティーという部分を除けば最近よく行われている野外フェス見たいなものです。それが約20年の月日を経て初めてDVD化されたのが2004年11月でした。発売されすぐにこの4枚組DVDを購入しましたがそこから数えてもさらに15年経過しています。

元々このライブイベントのいきさつは今でもクリスマスシーズンになればラジオでよく流れるイギリスのミュージシャンが中心になって作った楽曲「ドゥ・ゼイ・ノゥ・イッツ・クリスマス/バンド・エイド」(1984年)と、これにインスパイアされたアメリカのミュージシャンによる「ウィー・アー・ザ・ワールド/USA for AFRICA」(1985年)この2つのチャリティ・プロジェクトがきっかけとなり1985年7月にLIVE AIDは開催されました。イギリスとアメリカの両会場を衛星中継でつなぎ同時に進行していきました。それを当時珍しい衛星中継で世界中に放送されたのです。時差の為イギリスで始まりアメリカでフィナーレとなる構成でした。この地球規模の大掛かりなイベント、当時の通信技術だとかなり大変だったと思います。

f:id:allenkk:20190713144802j:plain
テレパルのビデオ背ラベルが懐かしいです。テープはスコッチ製

このテレビ中継ですが日本でもフジ系列で全国ネット放送されました。1985年の7月13日も今年と同じ土曜日でよる九時からのゴールデン洋画劇場の枠から深夜ぶっ通しで日曜日のお昼まで中継されました。しかもただでさえ不安定な衛星生中継にチャリティー募金の24時間テレビの要素も加えた(本家の日本テレビではない)フジテレビの放送が終始グダグダで、たとえばまだセットリスト終わってないのに時間がなくCMに入ったり、衛星の中継映像が乱れたら映像がスタジオに切り替えられ慌てて日本人アーティストの録画映像を流したり。その間に衛星中継が復旧しても大して知識のないスタジオトークで繋いだりと。それを眠い目をこすり徹夜してビデオテープに録画しました。当時まだ中学生だったのでビデオテープが高価で買えず2本のビデオテープに3倍録画しましたがそれをDVD化されるまでは擦り切れるまで観ました。ちなみにフジテレビでの番組名は「THE地球コンサート」です。


LIVE AID 1985 フジTVオンエア Vo.2 長島茂雄メッセージ世界発信 LOUDNESS 『CRAZY NIGHT』

このビデオもDVD発売されてからも捨てずにとってあります。昭和のテレビスタジオの雰囲気も司会の逸見政孝アナも若く懐かしいです。それとDVD化にあたって収録を見送ったアーティストもあり、これはアーティストサイドからの許可が出なかったためと思われますが例えばこだわりの強いレッド・ツェッペリンなどが収録されていません。80年代から90年代は海賊版VHSとしてコピーされ、時代が変わり現在ではYouTubeにアップロードされている伝説的映像の数々、特別貴重ではありませんが極力劣化の無い公式な映像で見てみたいものです。

チャリティーライブの話に戻りますが注目すべき点は出演した若き日の豪華なアーティストたち。スティング、ブライアン・アダムスU2、クイーン、デヴィッド・ボウイエルトン・ジョン、マドンナ、ニール・ヤングエリック・クラプトンデュラン・デュランホール&オーツミック・ジャガーボブ・ディランなど!ブライアン・アダムスU2は、かなり若くて勢いがあり、デュラン・デュランのLIVEテイクはTVオンエアされた音源のほうがギターの音が大きく迫力がありました貴重です。そしてクイーンはファンが認める最高のステージパフォーマンスといえます。これは昨年公開の映画ボヘミアン・ラプソディーのラストの部分で、この日のライブエイドのステージがクイーンの音源はそのままに新たに出演者で再現されていて再度このチャリティーイベントが注目されたので記憶に新しい部分もありますね。

このDVDは4枚組で収録時間589分しかもイギリスのウェンブリー会場のサウンドは5.1chで収録です。是非当時を知らない方にも見て欲しい作品です。意外にDVD化されたのを知らない人が多いみたいだし、特典映像のドキュメンタリーも貴重なものばかりです。評価の高いクイーンのステージ部分に関しては 伝説の証 ~ロック・モントリオール1981&ライヴ・エイド1985 ですでにブルーレイ化もされています。

f:id:allenkk:20181112212426j:plain

何度かライブエイドの記事を書いていますが以前に自分で書いたものを集めて今回記事にしてみました。幾度となく再評価されたり80年代カルチャーの代表イベントとして取り上げられたりしますが、そのたびに当時これをテレビではありますが体験出来たのを嬉しく思います。

posted with カエレバ

 ブログランキング・にほんブログ村へ

キャプテン翼×京成電鉄!ラッピングが凄い!京成四ツ木駅

京成電鉄四ツ木駅が圧倒的な装飾アートでラッピング!

葛飾区四つ木といえば…人気漫画キャプテン翼 の作者 高橋 陽一先生の出身地!ということで四つ木はもともとキャプテン翼推しが強いですが、最寄り駅の四ツ木駅が大々的にキャプテン翼駅へと変貌!!ということで行ってきました。

こちら駅入り口ですがこのように階段や壁もピッチのように芝色に塗られています。ちなみに地名は四つ木ですが駅名は四ツ木です。

駅のホームは派手さは抑えられていますが壁など塗れるところはとりあえず装飾されています。翼くんや日向くんがホームに描かれています。ちなみにホームの電車到着のアナウンスもアニメボイス使用です。

階段の上り下りも左右にド派手に描かれるキャラクター。そういえば小田急のサンリオが描かれた多摩センター駅もこんな感じでしたね。

駅構内のトイレの入り口までこの凝り様です。ゴールになっており守られています。床はピッチのようです。

ちなみに上り下りそれぞれのホームへ続く階段は若林、若島津両ゴールキーパーが駆け込み乗車を防いでくれます。

この日もかなりの数のお客様が写真を撮られていました。外国からわざわざ来られる方もいるそうです。

日本のアニメはヨーロッパや南米でも人気ですね。特にこのキャプテン翼はあのイニエスタも子供のころからファンだと言います。スペインでは Oliver y Benji のタイトルで親しまれているそうです。

ということでそのイニエスタ四ツ木駅のセレモニーにゲストで来ましたが、改札を出たところにイニエスタ像があります。

こちらはかなり近くで見ることが出来ます。

セレモニーの時のサイン入りユニフォームも展示されています。

こちらは切手アートです。ユニフォームのチーム名が四ッ木になっています。

ちゃんと京成電鉄の乗車券で出来てるみたいです。

なんと天井にまで描かれています。
高橋 陽一先生は 株式会社 南葛SC代表取締役も務められ、チームは現在東京都社会人1部リーグに所属、葛飾区からJリーグ入りを目指し日々戦っております。今はキャプテン翼の街ですがいつの日かリアルなプロサッカーチーム 南葛SCの街 葛飾区になるのです。

京成電鉄×キャプテン翼コラボ記念乗車券の記事はこちら

allenkk.hateblo.jp

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ  
ブログランキングに参加中

2019東京都社会人1部リーグ第9戦 南葛SC - TOKYO UNITED FC +Plus

2019年7月7日 日曜日 七夕の夜18時30分から東京都社会人1部リーグの試合が奥戸スポーツセンター陸上競技場で行われました。南葛SCにとって今季のリーグ戦15試合のうち第9戦となる試合です。試合前に同会場で小学生や親子参加の防災イベントが行われたらしいですが、仕事終わりで試合時間に何とか間に合わせたのでどのようなイベントだったかはいまいちわかりません。なんといっても数日前から天候が悪くこの日も朝からずっと雨でした。

しかも夕刻には止むのではと期待していたのですが試合会場に30分前に到着したころには雨脚が強くなっていました。しかも会場の奥戸スポーツセンター競技場は川に面しており、バックスタンドの部分が傾斜もなく思いっきり川が前方にむき出しのため強風が吹きつけます。見晴らしがいい分天候が悪いときは体感温度も下がるような過酷な状況に。吹き付ける風が台風のようで相手にはアウェイの洗礼だったと思います。こちらホーム側南葛応援サポーターはおそらく気にしておりません。

ボールを蹴っても強風で戻ってくるのではないかという悪天候で行われたこの試合、相手は関東1部に所属する東京ユナイテッドのサブチームTOKYO UNITED FC +Plusです。この試合前には4勝4敗の勝ち点12という成績でした。南葛SCは苦しみながらも勝ち点14まで伸ばし6位に付けています。

結局キックオフの時間になっても雨は当然止まず。いやさらに強くなったようです。この日のスタメンは(以下敬称略)GKは#1大河原、右サイドバックに#6三原、センターバックは前回の試合と変わらず#14柴村と#3ディビッソン、左サイドバックは#5砂岡が入りました。ボランチにはキャプテン#28安田と#25石井、2列目は#2能登、#24大河内で中盤の4人は変わらず、トップは#20佐々木と#9冨岡の2人でした。ディフェンス陣は負傷や調整のせいか試合ごとに変わるようです。#三原は左右のサイドバックどちらもこなすのでメンバー次第でポジションを変える多様さです。今回も残りのブラジル勢#8カベッサと#29アンジーニョはベンチスタートでした。

試合開始直後に相手をペナルティエリア内で倒してしまいPKを献上、これを決められ1点を追う展開になります。前半終了間際はかなりゴール近くまで攻める展開がありましたがなかなか決められず前半終了。ハーフタイムにはこちらの主催試合ということで葛飾区のにいじゅくにキャンパスがある東京理科大学Yosakoiソーラン部の迫力あるパフォーマンスがありました。雨の中待ち時間も長く大変だったと思います。おつかれさまでした。

試合のほうは後半開始から#8カベッサを投入してまずは同点を狙います。こちらもPKを貰いこれを#8カベッサが決めて1-1のスコアに、しかし今度はバックパスの処理の微妙な部分を相手につかれ失点1-2と再び追う展開です。後半怒涛の攻撃を仕掛け逆にカウンターからあわやの場面が何度かありましたがなぜか運が味方し追加点は奪われませんでした。#29アンジーニョ投入後は何度も縦または中央にと何度も個人技で侵入しチャンスを作りました。#14柴村が押し込み2-2になり圧倒的に盛り上がる奥戸の観客席!天候は回復しませんでしたが会場のボルテージは熱く高くなっていきました。残念ながら3点目は奪えず試合結果はドローの勝ち点1で終わりました。順位を考えると残念な結果ではありますが非常に熱い試合だったと思います。やはりホーム奥戸での試合は何か特別なものを感じました。勝ち点は1積み上げ15、順位は6位暫定です。現在首位は22まで伸ばしています。また試合数が揃っていないので試合の無い日に順位を落とすこともあります。南葛は残り試合を全勝すると勝ち点は33まで伸ばせますが直接対決で勝ち点差を縮めつつ3位以内を狙っていくことになります。まだまだ盛り上がっていく葛飾区のサッカーチーム南葛SCを応援していきましょう!


2019TFL1ROUND9

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ  
ブログランキングに参加中

水性ニスでアンティーク感を!ダイソーの150円イーゼルに塗装と装飾してCDスタンド作成

今回は100円ショップのDAISOで少しだけ高価な150円で販売されていたゴムの木イーゼルスタンド。この商品に簡単な装飾をしていい感じのCDスタンドを作ってみたいと思います。しかし150円なのに意外としっかりした三脚型のイーゼルです。

もちろんこのままでもCDスタンドになりますが、新品ならではの色が薄くある意味キレイ過ぎなのです。使い込んだ古臭さを出すためにメープルの水性ニスを上塗りしていきます。好きな色が出るまでニスを重ねて塗っていくと古臭い感じのいい風合いになってきました。

メイプルの水性ニスは前回「すのこ」に塗ったものと同じものでダイソー100円商品です。ニスをよく乾かしたらさらに同じくダイソーに売られているアンティーク装飾パーツで飾ってみたいと思います。

イーゼルって画家がキャンバスなどを固定したり観賞用に飾るのに使われますが、ダイソーの売り場付近に売られているほかの商品から察するにフォトフレームやポスターフレームを飾る用途で考えてそうです。写真直置きでもお洒落でしょう。しかしこの商品をパッと見たとき自分では音楽鑑賞時にジャケットを置いておくCDスタンドに見えました。しかしもっと使い込んだ感じの見た目が欲しく手を加えました。

仕上げに付けたアンティーク風装飾パーツはジュエリーボックスなどの小物収納に飾ったりする商品で3種類のパーツが2個づつ入っていました。そのうち使えそうなものを前面の横幅に合うように配置してみました。あまり飾りすぎるとうるさくなってゴチャゴチャしますのでシンプルに。あくまでもアンティーク風がテーマです。配置を決めたらボンドで貼り付けるだけで完成!

お洒落な使い込んだ感がちゃんと出ました。艶もあり期待以上の高級感も偶然出ました。ベースが150円とは思えません。かつてアナログレコードを聴くときは大きなジャケットを立てかけて雰囲気楽しんだり出来たのですが、CDになってから少しその辺が寂しいところがあるので……気分だけでもレトロ感楽しめたらと思い作成してみました。

もちろんタブレットスマホもしっかり固定出来るスタンドです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中です。よろしくお願いいたします。