60sec STEREO

最近は80年~90年代のCDレビューが中心のブログとなっています♪

Three Snakes and One Charm(スリー・スネークス・アンド・ア・チャーム) - The Black Crowes (1996)

世間は日本で行われているラグビーW杯に加えバレーボールFIVBワールドカップ、さらに昨日から国内バスケットボールB1リーグ開幕、そして週末は佳境を迎えたJリーグも全国各地で開催とすっかりスポーツの秋ですが、今日はALLBLACKS(オールブラックス)ではなくTHE BLACK CROWES(ザ・ブラック・クロウズ)です。バンドが1996年にリリースした4枚目のアルバム Three Snakes and One Charm(スリー・スネークス・アンド・ア・チャーム)を紹介。ブラック・クロウズジョージア州アトランタで結成されたボーカルのChris Robinson&ギターのRich Robinson兄弟を中心にしたサザン・ロック(ブルース・ロック)バンド。個人的にはこの1作前のビキニジャケットが恥ずかしい、アモニカ(1994年リリース)から聴き始めました。アモニカは輸入盤を(たしかパールジャムのVitalogyと一緒に)購入しかなり気に入ってので次作は発売日に日本盤を!と決意し購入したのです。このプラケースは少しだけブルーが入ったカラーケースで90年代に多かったスタイル。日本初回盤はボーナストラックのJust Say You're Sorryを収録しています。

f:id:allenkk:20191004185750j:plain
揺るぎないアメリカン・ロックの魂。あらゆるロックファンの新しき聖典ブラック・クロウズ、待望の最新作、堂々完成!!(CD帯より)

1曲目2曲目とゆっくりしたリズムで前半は少し緩い感じですが5曲目 Blackberry、 10曲目Let Me Share the Rideあたりは気持ちのいいテンポのノリのあるナンバー。中盤のアコースティックや12弦ギターを使った曲が2曲続くところも聴きどころで、特にトラディショナルな雰囲気のある(変則チューニングか?)How Much for Your Wings?はZEP風で超カッコイイ。そのあと続くカントリー風なノリのLet Me Share the Rideとの対比もよいです。ZEPといえばこのあと1999年に実際にジミー・ペイジブラック・クロウズはステージで共演しLive At The Greekというライブ盤も2000年にリリースします。

収録曲の中で比較的軽快なナンバー Blackberry の公式ミュージックビデオです。とても96年とは思えない古臭いレトロ臭のするMVですがツインギターの自由なアレンジと気持ちいいフレーズの空気感がよい曲です。後半は忙しないですけど収録曲の中でいちばん聴きやすいロック。1曲コレだ!という代表曲が入ってなくてもブラック・クロウズのアルバムはステレオのCDプレーヤーにCDが入りっぱなしだとついついリピートして聴いてしまうような作品が多いのです。

Three Snakes and One Charm / The Black Crowes(1996)収録曲

  1. Under a Mountain
  2. Good Friday
  3. Nebakanezer
  4. One Mirror Too Many
  5. Blackberry
  6. Girl from a Pawnshop
  7. (Only) Halfway to Everywhere
  8. Bring on, Bring On
  9. How Much for Your Wings?
  10. Let Me Share the Ride
  11. Better When You're Not Alone
  12. Evil Eye
  13. Just Say You're Sorry

スリー・スネイクス・アンド・ワン・チャーム

スリー・スネイクス・アンド・ワン・チャーム

posted with カエレバ