60sec STEREO

最近は80年~90年代のCDレビューが中心のブログとなっています♪

Mötley Crüe(モトリークルー)1994年のバンド名をタイトルにした6thアルバム

NETFLIXで公開された伝記映画 ザ・ダート: モトリー・クルー自伝も話題な Mötley Crüe(モトリークルー)、オリジナルアルバム9枚のうちのバンド名をタイトルにした1994年のアルバム Mötley Crüe の輸入盤CDです。 バンド最大のヒット作となった1989年のモンスターアルバム Dr.Feelgood (ドクター・フィールグッド) のあとバンドのお騒がせ看板ボーカルのヴィンス・ニールが脱退(実質クビ)このアルバムはボーカルに全くヴィンスと違うスタイルのジョン・コラビを迎え制作されました。ラウドな当時の流行りのオルタナグランジ風の楽曲とジョンのハスキーなボーカルでとにかくカッコイイのですが、それまでのモトリーのイメージ「ハイトーンボーカルのパーティー・ロック」派手なステージというのとは真逆すぎていまいち受け入れられなかった感が強い。当時は千葉テレビのミュージックビデオ垂れ流しの時間帯(朝から日中にかけ)がありそこでミュージックビデオが流れたりしていて個人的には気に入っていたのですが。


初期の2枚のメタルヘアーロック、以降のパーティーロック、グラム感もよいのですが、これはこれですごくいいアルバムで当時からよく聴いています。1曲目のPower To The Music(パワー・トゥ・ザ・ミュージック)からギターのヘビィなリフと叩き付けるようなドラミング、特にこのアルバムでのドラムのミックス音はかなり好きな音です。Hooligan's Holiday(フーリガンズ・ホリデイ) もそうですが楽曲の良さもありアルバム通して聴いていても捨て曲の無い作品だと思うのですが。おそらくですがこのジョン・コラビはソングライティングの面でも才能があったのではないでしょうか。結果的にはモトリークルーにはボーカル&ギタースタイルは合わなかった。いやこのアルバムだけを聴いた人には先入観無いのでこのカッコよさがわかるはず!フーリガンズ・ホリデイなんて当時ビデオ初めて見たときイントロからやられましたよ。(まさかクレジット見るまでモトリー・クルーだとは思わなかったが)


Mötley Crüe-Hooligan's Holiday

所有しているこの作品の輸入盤はジャケットのロゴデザインが黄色でしたが日本盤は赤いロゴでボーナストラック3曲収録でした。最近では赤いロゴジャケットしか見かけないので統一されているのかな。このアルバムに関してはいつかブログに書いてみたいと思っていました。発売から長く聴き続けている作品です。シングルカットされた曲が3曲ありますが、Smoke The Sky(スモーク・ザ・スカイ)がボーカルは絶叫シャウト系ですが唯一ドライブ感のある旧モトリーに近いサウンドです。

Motley Crue (1994)収録曲

  1. Power To The Music
  2. Uncle Jack
  3. Hooligan's Holiday
  4. Misunderstood
  5. Loveshine
  6. Poison Apples
  7. Hammered
  8. Til Death Do Us Part
  9. Welcome To The Numb
  10. Smoke The Sky
  11. Droppin Like Flies
  12. Driftaway
  13. Hypnotized *
  14. Baby Kills*
  15. Livin' In The Know *

*ボーナストラック

posted with カエレバ

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。