60sec STEREO

音楽と情報を吸収する日常 ♬ サッカーやバスケが待つワクワクする週末!

86年新宿都有3号地での野外ライブ!摩天楼のダンス天国 / ストリート・スライダーズ

THE STREET SLIDERS(ストリートスライダーズ)が1986年8月、現在新宿の都庁が聳え立つ新宿都有3号地で行ったライブの映像作品「摩天楼のダンス天国 」がDVDで発売されているのをタワレコオンラインで知り懐かしさのあまり購入しました。YouTubeでライブ映像を漁ってて見つけた都有3号地LIVEの映像をフルで見たくなったのです。

楽曲も演奏も文句なしにいいのですが一つ問題があり、当時流行のエフェクト手法で映像の加工処理がされていて少し見づらいです。決してモノクロではないのですがカラーも良く出てなくて古いビデオ感があります。カメラワークも今の感覚からしたらなんか変です。シンプルなLIVE映像だけに直せたら文句なしです。この野外ライブが行われている新宿都有3号地は86年当時はまだ都庁が立つ前で空き地でした。現在の新宿副都心に都庁のビルが出来たのが90年らしいのでまだ工事が行われる前だと思います。このスライダーズもそうですが新宿都有3号地ではほかにも伝説的な野外コンサートが同時期に行われておりウォーター・ロック・フェスというイベントではBOØWYのバンドを中心に次々にゲスト参加する形で44MAGNUM(当時ボウイと同じ事務所だったか?)や交流のあった吉川晃司(もちろんコンプレックス前でまだまだアイドル寄りだったころ)、山下久美子(こちらは新婚だったころかな)、そして大御所の大澤誉志幸などが出演し後日NHKが「ロックステージin 新宿86」というタイトルで地上波放送しています。都有3号地というとこのボウイのLIVEで覚えている方も多いでしょう。BOØWYのステージ部分は“GIGS” BOXというBOØWYの映像作品集でDVD化済み。(それ以外のNHK放送分はYouTubeでも確認できます)

スライダーズのライブはメンバーがだらだら登場して楽器の音だしやチューニングをそれぞれ調整して徐々に曲に入っていく感じが何ともルーズでカッコいいです。この頃ニューミュージックからロックへ時代が流れていき後にバンドブームまでありますが意外とツインギターバンドは珍しく、それ程歪んでいない2本のギターがルーズにかき鳴らされるスタイルはシンプルなはずですがこのスライダーズ印象的でした。武道館ライブアルバムのTHE LIVE !~HEAVEN AND HELL~もカッコいいライブアルバムで当時よく聴いていました。アルバムは聴きやすい「天使たち」と同アルバム以前の初期作品にリミックスを施した「REPLAYS」がお気に入りでした。


The Street Sliders / のら犬にさえなれない

「REPLAYS」にも収録されていた「のら犬にさえなれない」名曲です。ツインギターですがボーカルのハリーはオープンチューニングを多用していて曲によってギターを替えているので多様なオープンチューニングを使っていたかもしれませんが当時ギターマガジンなどの特集で記憶にあるのは6弦を鳴らしたくないから初めから外している5弦のオープンだったはず。この映像作品は先にも書きましたが加工処理がいろいろされていてレトロ感もいいのですがもし元の収録映像が残っているならノンエフェクトで見てみたいなと思いました。とにかく当時のバンドの映像作品が現在の高画質で甦ったりアップグレードされるならいろいろなバンドの貴重映像を見てみたいと切に願います。

摩天楼のダンス天国 / ストリート・スライダーズ 収録曲

1. すれちがい
2. のら犬にさえなれない
3. マスターベイション
4. Blow The Night!
5. Baby,I’m Really Down
6. TIME IS EVERYTHING TO ME
7. Back To Back
8. So Heavy
9. TOKYO JUNK
10. Party Is Over
11. SLIDER

摩天楼のダンス天国 [DVD]

摩天楼のダンス天国 [DVD]