60sec STEREO

最近は80年~90年代のCDレビューが中心のブログとなっています♪

山下久美子 1987年 布袋プロデュースで放つPOP!

POP(ポップ)という言葉自体が80年代を表す代名詞

9月に入りましたがまだまだ暑い日が続きます。本日のお題 山下久美子のアルバム POP(ポップ) は1987年7月21日発売で当時のパートナー布袋寅泰プロデュースのかなりのビートロック感満載。BOØWY でいうとPSYCHOPATHと同時期にあたるのですがどっかかというとBEAT EMOTIONの作風に近い。このPOPの楽曲を中心に収録されているライブ盤 ACT RESS(アクトレス) これもまた名盤だと思うのですがまたの機会に改めて取り上げたいと思います。ちなみにPOP(ポップ)というタイトルのアルバムは1997年にU2がリリースしますが、山下さんのほうが10年早だし。87年初めてうちの近所にレンタルCD屋なるものが登場した時借りてカセットテープに録音してよく聴いてたな。

画像はアプリのほうでポップに加工したかったのですがフィルム風になっちゃいました。さてこのアルバム完全布袋寅泰氏プロデュースで全曲作曲アレンジ担当しています。うんそりゃボウイみたいなアルバムになるわな。ということで楽曲もギターもそしてアナザー・ムーンライト的なコーラスも夫布袋全開なわけです。全自動布袋製造機に入れたら出てきたような曲がたくさん。これはボウイ寄りな山下久美子なのか?いやむしろ開き直って女性ボーカル版ボウイじゃないかと思うぐらい布袋さんあなたののクセが強い!1曲目の WHY? も唄ってて気持ちいいテンポというよりバンドが一番グルーヴ出るスピード感じゃないかなと思うし、POPって言っておきながらBEAT感も強い。これが好きでかなりギターのコピーもしました。YouTubeにも多く動画上げているので機会があれば見てください。

Happy Birthday...to me の間奏とアウトロのギターソロも好きでコピーしてました。それと印象的なリリスバグパイプのようなギターフレーズも印象的ですね。BE MY BABY ならぬ Rock me Baby のソロの持って行き方もカッコいいです。

Happy Birthday … to me

Happy Birthday … to me

この頃はライブもバックバンドに布袋関連の超豪華ミュージシャン、ときにはボウイのメンバーも参加してなかなかのビート感を出しています。そして楽曲もボウイの生き別れの兄妹のような曲が多く感じます。


山下久美子 - Lilith (Live 1988)

LADY ××× POP!とDOWN TOWN SHUFFLE とか、BIBBIDI-BOBBIDI-BOOとSUPER-CALIFRAGILISTIC-EXPIARI-DOCIOUS、Rock me BabyとB・BLUEとか血縁関係があるような楽曲のような感じがします。

このあともう一枚88年にBaby alone という同路線のアルバムをリリースするのですがどちらが好きかは好みがわかれるところ、Baby alone のほうはボウイが解散しなかったら次のアルバムはこんな感じだったかなとも思います。こうやってブログ書いてても80年代バンドブームがやっぱり得意分野かなと思いました。今書いておかないと忘れて書かずに終わってしまいそうなので続けていきたいと思います。

1. WHY?
2. LILITH(British Fantasy)
3. Happy Birthday...to me
4. LADY ××× POP!
5. Moonage-Rhapsody
6. TIRED OUT
7. LOVE & PEACE
8. BIBBIDI-BOBBIDI-BOO
9. STAY
10. Rock me Baby
11. BLUEZY

POP

POP

posted with カエレバ


  にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ にほんブログ村 音楽ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ