60sec STEREo

CDが捨てられなくて増え続ける呪文にかかっています

Queen +The Freddie Mercury Tribute Concert

ラグビーワールドカップの各試合会場でもライブエイドでのAY-OHのコールが使われていてクイーンブームがまだまだ続いていますが、今日ご紹介するのは1992年4月20日にロンドンのウェンブリー・スタジアム行われたクイーンのボーカリストフレディ・マーキュリー追悼コンサートのBlu-rayで、これは2013年にリリースされたブルーレイ版でAmazonで格安で手に入った輸入盤です。
当時日本ではWOWOWでライブの模様を後日放送されVHS録画したものをでよく見てました。
DVD化の際カットされた楽曲がいくつかあり結局古いビデオも捨てられないのですが、Blu-rayということで現在手に入る最高の画質ということで購入したのです。

じつはこれが来日記念スペシャルプライス盤として2019年11月27日に国内盤Blu-rayが発売されお値段は¥4,950、ちなみにこの2013年発売の輸入盤はアマゾンで最安値¥1,815でした。
日本盤は増田勇一氏による書下ろしライナーノーツ封入らしいのですが日本語字幕無くてもOKなのでこのImport盤で我慢します。
このブルーレイに関しては特別高画質というものではなくVTR収録の映像を横に黒帯を入れえて16:9 SDサイズにしたものです。
VHSの滲みやDVDのブロックノイズなどの心配が軽減されVTRマスターですが現状最高のソフトだとは思います。
音声のほうはDVDソフトより向上し2013年の最新リマスター音源です。

それにしてもBlu-ray盤になるときもカットされたエクストリーム(ゲイリーとヌーノ)のLove Of My LifeとMore Than Wordsやロバート・プラントのInnuendoなどはいつ甦るのでしょうか?
最近発売されたネヴァー・ボーリング - フレディ・マーキュリー・コレクションなんてものもあり、クイーンやフレディ関連のリリースも映画ボヘミアン・ラプソディ以降増えていますが、1985年のフレディソロアルバム Mr. バッド・ガイのスペシャル・エディションは少し気になっていて購入迷ってるところです。

posted with カエレバ

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。