60sec STEREo

♪♪♪ MUSIC MUZIC MUSIQ ♪♪♪

1982年 『セルフ・ディストラクション・ブルース』Self Destruction Blues / ハノイ・ロックス(Hanoi Rocks)

Self Destruction Blues(セルフ・ディストラクション・ブルース) は 1982年リリースの Hanoi Rocks (ハノイ・ロックス)のアルバム
Oriental Beat(1982) に続くオリジナルアルバム3枚目という位置づけですが、実際は1981年と1982年に録音したシングルとそのB面曲のコンピレーションです。
このCDは日本盤で1991年11月5日発売の廉価盤 Stay Goldシリーズ Mercury – PHCR-6015

f:id:allenkk:20210415135812j:plain

アルバムジャケットの写真ではドラマーのラズルが写っていますが、実際のプレイは初期メンバーの ジップ・カジノのものであり、1部の曲(2曲目と5曲目)はKeimo Hirvonen(ケイモ・ヒルボネン)というドラマーが叩いているようです。

レコーディング当時のメンバー

マイケル・モンロー (Michael Monroe) - ボーカル/サクソフォーン
アンディ・マッコイ (Andy McCoy) - ギター
ナスティ・スーサイド(Nasty Suicide) - ギター
サミ(サム)・ヤッファ(Sami Yaffa)- ベース
ジップ・カジノ(Gyp Casino) - ドラムス

f:id:allenkk:20210415135815j:plain

日本盤のジャケットと違いオリジナルのフィンランド盤のジャケットは日本盤でいうところのオリエンタルビートでで使われているジャケットです。輸入盤で購入する際は少し紛らわしいと思います。

Hanoi Rocks/セルフ・ディストラクション・ブルース<完全生産限定盤>

posted with カエレバ

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。