60sec STEREo

趣味です

1984年 『トゥー・ステップス・フロム・ザ・ムーヴ』Two Steps from the Move / ハノイ・ロックス(Hanoi Rocks)

1984年メジャーレーベルCBSからリリースとなったハノイ・ロックスのオリジナルアルバム
通算で5枚目ですが Self Destruction Blues (1983) を シングル曲などを集めたコンピレーションアルバムとするならば、このトゥー・ステップス・フロム・ザ・ムーヴは 4thアルバムとなります。
実は Spotify でも聴けるハノイの数少ないアルバムの1つで今でもよく聴きます。
CDとして所有してるのは日本盤 Mercury – PHCR-6017 1991年の価格を抑えた再発のものです。

f:id:allenkk:20210415135859j:plain

ドラマーのラズルの事故死により実質バンドの継続が出来ず、この作品が1度目の解散前のアルバムとなりました。
最初にも書きましたがメジャーレーベルからの最初の作品になり、この先活躍が期待されていただけに残念です。

f:id:allenkk:20210415135856j:plain

前年1983年リリースのミステリー・シティと作風は近いですが、アリス・クーパーの多くの作品やエアロスミスの Get Your Wings(1974年)キッスの 地獄の軍団Destroyer(1976年)などの多くのROCK系アルバムを手掛ける ボブ・エズリン(Bob Ezrin)がプロデュースを手掛けており完成度はここまでで最高の作品といえます。
ハノイらしさで言ったらミステリー・シティのほうが一般的なイメージに近いとは思いますが。
allenkk.hateblo.jp

ミュージックビデオは1曲目のCCRのカバー Up Around The Bend やオリジナル曲のリテイクカバーになる Don't You Ever Leave Me などメジャーレーベルということもあり比較的多く作られています。


www.youtube.com


クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival)の Cosmo's Factory (1970) 収録の Up Around The Bend はオリジナルにかなり近いカバーですね。

Don't You Ever Leave Me は1stアルバム Bangkok Shocks, Saigon Shakes 収録の Don't Never Leave Me のリカバーで、ミュージックビデオはギターソロ前と前半のギターソロ前がカットされたヴァージョン


www.youtube.com

9曲目 Futuramaアメリカのバンドの バング・タンゴ(Bang Tango) が1989年のミニ アルバム Live Injection でカバーを取り上げています。


www.youtube.com

6曲目 Million Miles Away はバンドが影響を受けた Stiv Bators の曲とは別曲ですが、ボーカルのマイケルはソロになってから Stiv Bators の Million Miles Away を改めてカバーしています。

アルバムタイトルである Two Steps from the Move という楽曲はこのアルバムには収録されていませんでしたが、解散後のベストアルバム Million Miles Away (1986) や、最近では2004年と2013年にリマスターされた Two Steps from the Move にボーナストラックとして収録されました。

Two Steps from the Move / Hanoi Rocks1984)収録曲
  1. Up Around The Bend
  2. High School
  3. I Can't Get It
  4. Underwater World
  5. Don't You Ever Leave Me
  6. Million Miles Away
  7. Boulevard Of Broken Dreams
  8. Boiler (Me Boiler 'N' Me)
  9. Futurama
  10. Cutting Corners

Two Steps from the Move

Two Steps from the Move

  • アーティスト:Hanoi Rocks
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD
posted with カエレバ
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。