60sec STEREO

最近は80年~90年代のCDレビューが中心のブログとなっています♪

邦題「白夜のバイオレンス」HANOI ROCKS(ハノイ・ロックス)の1981年1stアルバム

1981年デビュー フィンランドのバンドHANOI ROCKS。勝手なイメージですが北欧出身には珍しくR&RやPunkを主体としたバンドでした。1981年のデビューアルバム Bangkok Shocks, Saigon Shakes (邦題は「白夜のバイオレンス」)こちらのCDは日本盤です。最初に買ったのは89年頃でその後手放してまた中古で入手しました。近年紙ジャケでK2HDマスタリングされたCDがビクターから再発されているようですがそちらは持っていません。当時女子に特に人気があったのがボーカルのMichael Monroe(マイケル・モンロー)ルックスでした、ド派手なファッションもカッコよく感じました。かつてJapan (ジャパン)のデヴィッド・シルヴィアンからマイケル・モンローへといった流行の移りがありました。楽曲の哀愁あるメロディラインも日本人好みです。2001年の再結成以降はあまり興味ありませんがデビューから解散した1985年までのアルバムはよく聴きました。Spotifyで無料で聴けるようになるとは当時は夢にも思っていませんでした。


そのデビューアルバム1曲目Tragedy(トラジディ)ステージでの演奏風景だけミュージックビデオです。ドラムは82年に加入するラズルではなくデビュー当時のオリジナルドラマーのジップ・カジノが叩いてます。恐ろしくタテノリというかアルバム通してドラムは正直厳しいです。他のメンバーも決して上手なわけではなく全体的にプレイがルーズですが、そこに演奏レベルをはるかに超えたカッコよさがここにあります。しっかり構築した計算された演奏ではなくどこかだらしないいい加減さが不思議とカッコよく感じるのです。いまのようにYouTubeで動画を簡単に入手できなかった80年代~90年代当時はこのカッコよさを求めて海賊版のVHSを買いに西新宿へ行ったものです。

Hanoi Rocks - Tragedy (Official Music Video)


Hanoi Rocks - Tragedy

ギタリストのアンディ・マッコイ(Andy Mccoy)はメロディラインや曲のアレンジ・ギターのリフなどとにかく引き出しが多く才能があふれる伊達男。ほとんどの楽曲を手がける才能と裏腹に普段はただの酔っ払い、派手なアンディを地味に支えるナスティ・スーサイド(Nasty Suicide)のツインギターはステージでこそ最高のカッコよさを発揮します。ちなみにこのTragedyも邦題があり「白夜のトラジティ」だった気がします。北欧ということでとりあえず「白夜」と付けておけばOKだったのかな。

4曲目のDon't Never Leave Meは、のちにTwo Steps from the Move(1989)に収録されたDon't You Ever Leave Meのオリジナルバージョンです。日本盤ジャケットは白地に赤いバラの印象的なデザインですが、ヨーロッパ盤だと下のジャケットです。ちなみにですが友人はこの白夜のバイオレンスとセカンドアルバムのオリエンタル・ビート(1982)が1枚のCDに2in1したものを持っていました。2in1CDすごくお得でいいんですけどジャケットが2枚載っててカッコ悪いんですよね。

Bangkok Shocks, Saigon Shakes

Bangkok Shocks, Saigon Shakes

posted with カエレバ

allenkk on Instagram: “Hanoi Rocks / Bangkok Shocks, Saigon Shakes #1981 白いジャケシリーズ #ハノイロックス 1stアルバム #邦題 #白夜のバイオレンス #hanoirocks #MichaelMonroe #SamiYaffa…”

 にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ にほんブログ村 音楽ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ