60sec STEREO

最近は80年~90年代のCDレビューが中心のブログとなっています♪

42年間の歴史を描くSTAR WARS™ Identities: The Exhibition

東京の品川区 天王洲アイル駅近くの寺田倉庫G1で行われている スター・ウォーズ™の大展覧会 STAR WARS™ Identities: The Exhibition(スター・ウォーズ アイデンティティーズ:ザ・エキシビション)へ行ってきました。 映画で使われた衣裳や、小道具、模型、コンセプト・アートなど貴重な品々が約200点ほど展示されています。

チケットは公式サイトの日時指定優先入場券を事前に購入して入場、会場入り口でイヤフォン付きのレシーバーを渡されこれで展示物前での解説音声を聴くことが出来ます。(日本語、英語選択可能)またID付きのブレスレットも渡されるので、それを身に着けて会場内に設置された10か所のインタラクティブスペースでタッチして質問に答えていくと、最終的にオリジナルのキャラクターが形成されます。スマホでダウンロードも可能なのでお忘れなく。

この日は土曜日ということで10時からの回に行ってきました。

会場内は撮影可能です。


「STAR WARS Identities:The Exhibition」予告編(60秒)

2階のフロアから入場してエレベーターで会場の5階に入ります。展示コーナーに入る前に渡された音声ガイダンスやIDブレスレットを使ったインタラクティブ企画の説明があります。

ストームトルーパーはファーストオーダーのタイプも展示されていました。ドロイドはBB-8がエピソード7以降の作品展示物としてありました。実は7以降の展示物はほとんどなくルーカスが手掛けていた4~6、1~3、クローンウォーズまでの展示物で構成されています。

ヨーダ:会場内は暗いので写真撮影はスマホだけでは光量が足りない感じもしました。ただしフラッシュ撮影は禁止です。

基本ガラスのショーウィンドウ中に展示されています。一部展示物の前後の関係で反射があり撮影が難しいものもありました。

ミレニアムファルコン:薄暗いので意外とうまく撮影出来てるものもありました。

チューイ

ベイダー卿

ゆっくり回って2時間弱ぐらいで会場内を楽しめました。入り口の2階フロアにはカフェスペースもあります。また12月26日から日本でもディズニーデラックスで配信されるマンダロリアンにあわせ新規加入キャンペーンも行われていたのでその場で加入しクリアファイルをプレゼントで貰いました。物販のほうは5階の展示スペース出口に公式グッズコーナーがありそこで購入できました。(クレジットカードも可)また別のエントリーで紹介していきたいと思います。

www.starwarsidentities.jp

 ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。今日は天候も悪く小雨の降る中気温もかなり低く冬らしい天気になってきました。今年も残りわずかですが体調に気を付けていきましょう!May the Force be with you!,