60sec STEREO

音楽と情報を吸収する日常 ♬ サッカーやバスケが待つワクワクする週末!

SONYウォークマン40周年イベント!「WALKMAN IN THE PARK」 Ginza Sony Park

2019年7月1日から9月1日まで Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)で行われているウォークマン40周年イベント「WALKMAN IN THE PARK」に行ってきました。東京メトロ銀座駅B9番出口直結でイベント会場内に入れますが日比谷駅からも地下通路で繋がっているので雨の日でも濡れずに行けます。

こちらは地下4階(B4)に展示されているWalkman Wall 1979年の初代から現在までのウォークマンが壁一面に展示されています。こちらのホールはイベントホールにも使われていて訪れた際はトークイベントを開催中で展示は見られませんでした。そのためトークイベント終了まで待ち入りました。やはりこの展示がこのイベント最大の見せ場だと思うので時間かかっても観てよかった。

B2のカスタムウォークマンのコーナーではアーティストによるカスタマイズされた作品が期間展示されているようです。

実機が触れて試聴できるコーナーはB1~B3フロアを広く使い、1979年から1年ごとに1アーティストの選曲したものが聴けコメントも掲載されています。1979年の初号機TPS-L2はヘッドホン端子が2つ付いていてペアで聴けるお洒落な仕様、当時は3万3千円もしたらしい。単3電池しか使えないしオートリバースでもないしもちろんリモコンもありませんがここから歴史が。

凄く懐かしかったウォークマンⅡの赤いモデル 試聴しようと思ったら電池切れかかっていて遅回しのような再生になっていました。トラブルですがこれもアナログらしく懐かしい。

イコライザー付きのモデル 展示のウォークマンの電池が切れたり不具合が出たモデルは会場のスタッフが一時的に引き上げたりして一部展示されていないものもありました。調整が終わると展示に戻されます。

WM-GX202 FM/AMチューナー、録音再生、マイク付き、スピーカー搭載 まるでラジカセ。 イベントスペース内試聴できる機器は子供が触ったりするので壊れるのではないかと心配です。実際展示引き上げられてるものもありました。このモデルのようにスイッチ類の押し心地が深く「カチッ!」とか「ガシッ!」としっかりしたものを子供たちは気に入って遊ぶ傾向があるようでした。最新のタッチパネル式のものではほとんど遊んでいなかったので単純に深く推せるボタンが珍しいからだと思います。

これは友人が最初に買っておそらくCDの音を初めて聞いたのはこのモデル 懐かしいです。

カセット→CD→MDと変化していったウォークマンディスクマン)テンキーの付いたモデル

開封のカセットテープもありました。懐かしいです。でもどっちかというとTDKのカセットテープ使ってたな。

8㎝CDシングル用のディスクマンD-88 写真のようにはみ出す形で12㎝CDの再生も対応していたかなり珍しいモデル こちらは Walkman Wall の展示だけで実機は触れなかったのが残念。また現在までのすべてのモデルが展示されているわけではなく自分の所有している(していた)モデルがあるとは限らないですが40周年の長い歩みの歴史が感じられます。まさにウォークマン

会場内4か所のスタンプを集めるスタンプリレーに参加するとカセットテープ型40周年記念パンフレット(ケース入り)が貰えます。数に限りがあるようです。

記念Tシャツは期間中に何度かに分けて数種類のデザインで発売されるようです。今回は購入しませんでしたが気になるデザインのものがあるのでまた訪れたいと思います。

 ブログランキング・にほんブログ村へ