60sec STEREO

最近は80年~90年代のCDレビューが中心のブログとなっています♪

ビックリするぐらい汚れが取れる!dmiguitarlabs FRET BUTTER フレット磨き専用クロス

今回もギターメンテナンス製品の紹介です。dmiguitarlabs ( ディーエムアイギターラボ ) のギターフレット磨き専用クロス Fret Butter (フレットバター) です。外国の製品で輸入元はキラーギターズのようです。今回はサウンドハウスで購入しました。


dmiguitarlabs ( ディーエムアイギターラボ ) / FRET BUTTER

パッケージ裏面です。使い方が日本語で書かれています。ネットで見かけるレビューでは独特の香りがするすごくサイズの小さなクロスのようですが、開封してみましょう。

開封したのですが独特の香りというのは甘い洋酒のような感じです。サイズの写真のようにかなり小さい。そしてひたひたにしみ込んでいてウェッティです。開封していて「え!たったこれだけ?」と最初驚きました。それだけ小さいサイズです。

f:id:allenkk:20200622185128j:plain

ゴシゴシ擦るようなものではなく FRET BUTTER で1度サッと拭いて、その後は別のクロスで汚れを取っていくということで、最初に小分けに切っておくのが良いかもしれません。もともと小さいですが、パッケージには20回使用できるとありますのでサイズ的に10等分かな。

f:id:allenkk:20200622185142j:plain

とりあえずいくつか細く切ったのでこれを使ってみます。使わない分はすぐにパッケージに戻して口を閉めておきます。チャック付きなので閉めてしまえば匂いも気になりません。

弦は外した状態、もしくは完全にずらしておきましょう。指板&フレット以外のパーツ(弦はもちろんブリッジやペグには使えません)

f:id:allenkk:20200622185123j:plain

少し曇ってきたフレットと指版は弦交換の際しか細かく洗浄しないので汚れが少し気になります。コンパウンドや先日のピカールでの研磨ではマスキングの手間があるので、特別なメンテナンス以外ではこちらの研磨されないFRET BUTTERが楽そうです。

f:id:allenkk:20200622185118j:plain

指版全体になでるように拭いていきます。一度サッとしみ込ませるようにやってそれでOKです。このあと別のクロスで拭いていくのでゴシゴシ擦り上げる必要はありません。

f:id:allenkk:20200622185137j:plain

別のタオルで擦ってみたらビックリするぐらい黒い汚れが浮き出てきました。気持ちいいぐらいに汚れが取れます。

f:id:allenkk:20200622185134j:plain

指版の保湿効果もあるようですがしっかり拭き取らないと黒い汚れが残るのでプレイの際に指に付いてしまいます。さらに汚れていない綺麗なクロスでしっかり拭き上げましょう。

ピカールで毎回磨くとフレットの減りが少しづつ発生しますのでこの FRET BUTTER と使い分けていくのがいいかと思います。

でもちょっとだけ注意!

メイプルの指版で傷やへこみなどの剥がれ部分があると、黒い汚れが指版の目に入り込む可能性があるので注意が必要です。

本当に簡単にフレットの洗浄磨きが出来るのでおすすめです。シンプルなものですがギターのリペア職人のあいだでも使われてるメンテナンス製品のようです。

posted with カエレバ

 ブログランキング・にほんブログ村へ
最近やっと音楽系のレビュー記事がアクセス増えてきました。