読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME

音楽 お出掛け日記 LIVE

KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME

"We Are Down But Never Give Up!!"

氷室京介のLIVEで東京ドームに行ってきました。
全編ボウイの曲で構成されるという東日本大震災復興支援チャリティライブです。
初日は抽選に外れたので追加の2日目 6月12日(日)17:00開演の分です。

f:id:allenkk:20130411180647j:plain

忙しくて初日の情報は全く得ないでLIVEに行ったので
ネタばれなしで参加できました。
ボウイのライブは当時見たことが無く氷室のライブも初体験です。
ちなみにドームはおととしの巨人戦(商店街の福引で当たった)以来
またドームでのLIVEはマイケルジャクソンのヒストリーツアー以来です。

f:id:allenkk:20130411180714j:plain

会場に着いてアリーナの席に着くとPAブースのチョイ右でした。
会場はもちろん満員でドームLIVE記録だったらしいですが
年齢層はやや高め?異常にはしゃぐ人もいなく開演前は割りと落ち着いてました。
公式の物販の売り上げもすべてチャリティに回るとの事です。
水道橋駅前のバッタもんのボウイ屋台には「ボウイTシャツ」はもちろん
「ボウイエプロン」なども売ってました。
さらに昨日の公演分の生写真なども…(勝手に撮ったもの)
そんなこんなで開演です。

1曲目はDREAMIN’イントロから盛り上がりました。
まったく曲予想などもしておらず楽しめました。
全編ドームのお客さんが合唱している状態です。
5万5千人のカラオケ大会と言った感じです。

個人的には「16」(シックスティーン)には感動しました。
「季節が君だけを変える」も良かったです。
またステージの設営がドームにしてはシンプルで音量も小さく
ボーカルはかえって聞き取りやすかったです。
大音量でボーカルが聞こえないのではないかと心配していました。
演奏は前にBSで見た氷室の「21ST CENTURY BOOWYS VS HIMURO」のときと一緒の印象
ボウイと比べると正直物足りない(本田やDAITAが嫌いなわけではないです)
リズム隊にしても BAD FEELINGはまったく別のグルーブになってました。

氷室のボーカルは最近の歌い方よりも
ボウイ時代の歌い方を意識して歌ってるような感じがしました。

セットリストは初日と同じ全25曲

1.DREAMIN’
2.RUNAWAY TRAIN
3.BLUE VACATION
4.ROUGE OF GRAY
5.TO THE HIGHWAY
6.BABY ACTION
7.JUSTY
8.Welcome To The Twilight
9.BAD FEELING
10 .16
11.LONGER THAN FOREVER  
12.MEMORY
13.B・E・L・I・E・V・E
14.季節が君だけを変える
15.B・BLUE
16.MARIONETTE
17.PLASTIC BOMB
18.DOWN TOWN SHUFFLE
19.BEAT SWEET
20.RENDEZ-VOUS
21.ONLY YOU
22.IMAGE DOWN
—————————————
23.ON MY BEAT
24.ホンキー・トンキー・クレイジー
25.NO.NEW YORK 

一般的な楽曲以外では「21ST CENTURY BOOWYS VS HIMURO」で演奏された曲が多かったですね。
Welcome To The Twilight、B・E・L・I・E・V・E、DOWN TOWN SHUFFLEとか
後半の盛り上がりの部分でBEAT SWEET、RENDEZ-VOUSなど。
アンコールで出てきてON MY BEATはちょっとビックリでした。タンクトップだし。
氷室は50過ぎてもカッコイイです。


f:id:allenkk:20130411180730j:plain
会場正面の写真(みんな撮影してました)

広告を非表示にする