60sec STEREO

音楽 サッカー バスケ 外出記録 購入記録 レビュー など

2019東京都社会人サッカーチャンピオンシップ 準決勝 南葛SC vs TOKYO CITY F.C.

2019年2月11日 月曜日(祝日)この日は世田谷区の駒沢オリンピック公園 第ニ球技場へ行ってきました。試合は2019東京都社会人サッカーチャンピオンシップ(通称 東京カップ)の 4回戦(準決勝) 南葛SCの応援です。この日はかなり寒く、また夜19時からの試合ということでしっかり防寒対策して会場に向かいました。

駒沢といえば昨年バスケット日本代表に試合を観に来て以来です。駒沢大学駅から徒歩で行きました。公園内の第ニ球技場は観客席付きの球技場なので見やすかったです。都リーグや社会人のサッカーの試合会場は客席のない会場も多く、また住宅街などでは声を出しての応援も出来ません。もちろん鳴り物など論外です。しかしここは駒沢公園内なので声を出しての応援も可です。1月20日の3回戦FCエコ・プランに勝利し準決勝に進んだ南葛SCの今回の相手はTOKYO CITY F.C.(トウキョウシティエフシー)渋谷や世田谷を拠点にしているチームとらしく、ほぼホームともいえる駒沢開催でスタンドにかなりの観客がいました。実は球技場入り口から入って右側から入ろうとしたら、そちらはTOKYO CITY F.C.側の応援席でした。なので申し訳なく左側の入り口から入り南葛SC側に移動しました。南葛SC側のスタンド中央上段には高橋先生や新加入の選手なども座っていました。この東京カップの現在行われている一次戦は2018年シーズンの登録メンバーで戦わなければならず。今年新加入の元Jリーガー元日本代表などの新戦力は関東リーグ勢の待つ二次リーグからの出場になります。

なのでこの試合も昨年のメンバーで古い背番号での試合でした。数名すでに退団した選手もいるので登録メンバーも少なめで大変なところ、2月になりブラジルから帰ってきた#20カベッサと#3ディビッソンが揃って出場です。

オフシーズンをブラジルで過ごし個人トレーニングで体を作ってきた二人。昨年#13番を付けていたレオジーニョ選手は残念ながら退団し、新しく加入したアンジーニョ選手は二次戦までお預けです。この試合のもうひとつの注目は今シーズンから就任した福西崇史監督の初采配ということで、会場に集まったサッカーファンもいたと思います。試合はTOKYO CITY F.C.が都リーグ3部所属(今季から2部昇格)ということで試合前からSNSなどで非常に盛り上がっており、都リーグ1部チャンピオンの南葛SCを倒そうと意気込みが感じられやりづらそうな雰囲気もありましたが、試合開始4分ほどで#20カベッサがゴール!これで少し試合運びがしやすくなったかもしれません。ブラジル勢は日本の寒い気候の中キレのある動きを見せてくれました。#3ディビッソンは相手ボールの出所をしっかり押さえボールを奪っては素早く攻撃モードへとキレキレでした。そんな中#20カベッサが2ゴール目を奪います。後半のセットプレイから#4近藤大介選手がボレーシュートを突き刺し3-0に。実は何度も失点しそうな場面がありましたがGKの#1大河原弘樹選手の好セーブや運も味方し無失点で終わりました。この結果次の決勝へと駒を進め注目度の高かった福西監督の初戦を勝利出来ました。

試合後にゴールを片付けに行く選手たち。

これは数日後のにいじゅく公園でのトレーニング中の南葛SCの選手たちです。17日の一次戦決勝へ向け新加入の選手たちを相手に念入りに戦術の確認をしていました。決勝は次の週末日曜日2月17日14:00から同じ駒沢オリンピック公園の補助球技場で行われます。相手は法政クラブ 東京都2部所属チームです。この試合の勝者が一次戦Aブロックを抜け関東(1部・2部)チームの待つ二次戦へと進みます。さらに二次戦優勝チームは東京都サッカートーナメントへ出場、天皇杯東京都代表に続く長い道のりです。

2018-19 B1リーグ 第23節 サンロッカーズ渋谷 vs 秋田ノーザンハピネッツ GAME2

2019年2月3日 日曜日 昨日に引き続き B.LEAGUE2018-19シーズン 第23節 サンロッカーズ渋谷 vs 秋田ノーザンハピネッツのGAME2です。この日も渋谷区の青山学院記念館へ行ってきました。開始時間が早く14時の試合だったので12時半開場でした。2日目の試合は早めに開始してくれると遠征組にはありがたいですね。

本日はポンタDAY!ということでポンタが来場!サンディーと一緒に会場を盛り上げます。またPontaポイント付与ブースでは来場者全員に30Pontaポイントをプレゼントが行われ並んでポイントゲットしました。最近はDポイントばかり集めてましたゴメンナサイ。あとサンディーが付けてるポンタのお面も貰いました部屋に飾ります。昨年もサッカーの試合でポンタが来ていました。しかもサンロッカーズと同じ日立のレイソル戦とは奇遇です。

昨日もいた東京司法書士会の「しほたん」もいました。

入り口で昨日同様 株式会社ギンビスよりスナック菓子を来場者全員にプレゼントされました。「会場でお召し上がりください」とのことありがたいサービスです。何種類か配ってましたが昨日と違うお菓子が渡されました。

この日の試合は昨日の反省が生かされ点差離されず互角の戦い。3Q終了時には#13成田が3POINTブーザービーターをきめ7点リードで最終クオーターへ入りますが、まさかの第4クォーターで失速しなんと5得点で終わり逆転されての敗戦です。東地区順位直接対決でつめられなかったのもありますが、全体のワイルドカード順位でも下4チームが近づいてきましたのでこの連敗は痛い。秋田期待の♯21長谷川暢もほとんど出場時間を得られず。相手チームの#44盛實海翔が活躍していただけに残念です。まだ渋谷とは秋田でのホーム2連戦の直接対決が残っているのでそこでリベンジして白星を拾いたい。


【B1ハイライト】02/03 SR渋谷 vs 秋田(18-19 B1第23節)


マッチデープログラムでは#17中山選手がクローズアップされていました。試合が終わった翌日のNHK BS1 熱血解剖!Bリーグのゲストにも呼ばれています。次は三河とのアウェイ連戦です。天皇杯を含め三河とは4試合目になりますがここで勝ってリーグ戦では三河には勝ち越したいです。

昨日のGAME1はこちら
allenkk.hateblo.jp

昨年の青山でのサンロッカーズ渋谷の試合はこちら
allenkk.hateblo.jp

2018-19 B1リーグ 第23節 サンロッカーズ渋谷 vs 秋田ノーザンハピネッツ GAME1

2019年2月2日土曜日 この日はB.LEAGUE2018-19シーズン 第23節 サンロッカーズ渋谷 vs 秋田ノーザンハピネッツの試合を観に渋谷区の青山学院記念館へ行ってきました。地下鉄の表参道駅から徒歩なので一番の近場です。前回は昨シーズンの渋谷と三河の試合以来です。その時は渋谷ホームのゴール裏での観戦でしたが、今回は完全アウェイ側ベンチ裏です。

Bリーグの試合観戦は先月の川崎アウェイ2連戦以来の関東での試合になります。2日間行われますがこの日は18時からの試合でした。この日はベンチ裏のほかアウェイ側コートサイド、ゴール裏、2階のアウェイ側までかなりのピンク占拠率でした。アウェイ戦に大挙して押しかけるのがクレージーピンクの由来となっています。この渋谷との試合は今シーズンこれまで2勝と相性がいい相手ということもあり期待できます。また両チームの特別指定選手、秋田の#21長谷川暢(早稲田大学4年)と渋谷の#44盛實海翔(専修大学3年)は秋田の能代工業出身で、しかも2人は中学も同じ埼玉の上尾市立大石中学校出身です。先輩の長谷川を慕って盛實は能代工業に進学したという話も聞いたことがあります。ちなみに渋谷の#0満原優樹#2秋葉真司 両選手も能代工業出身です。残念ながらアリーナでの紹介MCでは能代高校と言われていました。能代高校だと実在する別の高校になります。

話を会場のイベントに戻しますが、東京司法書士会のブースが出ており公認キャラクターの「しほたん」(左)と、秋田にちなみ秋田犬のマスコット 渋谷区観光協会のSHIBUYA♡HACHI(しぶや らぶ はち)も応援に来ていました(右)これは秋田県と渋谷区限定販売 ギンビス x 秋田犬ツーリズムの枝豆スナック販売ブースの応援に来ていたようです。

忘れてはいけないサンロッカーズといえばサンディー この日もいろいろちょっかいを出しにアウェイ側まで出没。選手アップ時もいろいろと邪魔します。入り口ではお出迎えもしていました。(土曜日の開場時だけ確認)

今シーズンからアウェイ戦でも出張グッズ販売がよく行われるようになりました。これはかなりうれしいです。しかもなかなかの充実ぶりです。いつもビッキーなりきりキャップを購入するか迷うのですが今回も断念。ハピブー(ハピネッツブースターの略)といえばピンクの大メガホンですが、この日も大と中の2サイズ売っていました。マスコットのビッキーのぬいぐるみですが、小さいタイプは1日目で売り切れていました。

節分ということでビッキーは👹扱いです。今回グッズは今シーズンのタオルマフラーを購入しました。必ず出張販売ではグッズを購入してお金を落とすようにしています。どの会場でも恒例化してアウェイチームのグッズ販売が行われるようになればいいと思います。

試合のほうは第2Qで一気に失速して離され、3Qは勢いを取り戻し28得点できましたがやはり追いつくことが出来ず。痛い敗戦となりました。前回の渋谷ホーム戦(錦糸町での開催でした)や秋田のCNAアリーナでのホーム戦、いずれも水曜開催の1試合だけでしたが秋田が勝利しており、渋谷も序盤に比べると勝てるチームになっているもの、この2試合で白星を取れると思っていただけに残念です。


【B1ハイライト】02/02 SR渋谷 vs 秋田(18-19 B1第23節)

翌日のGAME2の試合はこちら
allenkk.hateblo.jp

前回観戦した川崎ブレイブサンダース戦のGAME1はこちら
allenkk.hateblo.jp

2019東京都社会人サッカーチャンピオンシップ 3回戦 南葛SC vs FCエコ・プラン

2019年1月20日 日曜日 快晴 この日は2019東京都社会人サッカーチャンピオンシップ(通称 東京カップ) 3回戦 南葛SCの試合を観に清瀬市の内山サッカー場へ行ってきました。3回戦の相手は FCエコ・プラン(2018シーズン東京都4部リーグ所属)でした。今日は行きは西武池袋線清瀬駅から旭が丘団地行き(もしくは志木駅行き)のバスで旭が丘5丁目下車 徒歩11分。帰りは下車したバス停から志木駅行きのバスで新座駅南口で降り、JR武蔵野線を利用しました。

9時30分というサッカーにしてはかなり早い時間のキックオフの試合でした。今日は清瀬内山サッカー場のC面で行われましたが、先日の関東社会人サッカー大会で使ったA面(芝生内に観客席アリ)と違って1階層分高い浄水場の上に作られています。そして不便なことにC面だけは観戦がゴール裏でしか出来ない作りでした。C面の場合通常でいうバックスタンド側は軟式野球場が隣接していて観戦どころか向こう側のゴール裏へ通り抜けできず、メイン側はB面と繋がっているので観戦はおろか試合中は通り抜け出来ません。正面から入場し向こう側のゴール裏へ行くには試合前に場内芝生を通って行くか、B面のバックをぐるっと回って行くしか無い様です。つまりA、B、Cの中でCが一番観戦しづらいのです。

さて今回の3回戦の相手 FCエコ・プランは2018シーズン東京都4部リーグ所属でレギュラーシーズン10試合全勝でリーグ優勝(しかも総失点わずか1)で終え、2回戦では格上の東京都2部リーグ所属 三井住友海上サッカー部をPK戦で破り今日の3回戦に進出しています。実際キックオフから勢いがあり、それがファールを誘い前半のPKにつながったと思います。ということでFCエコ・プランが先制。ちなみに東京都4部リーグは8ブロックあり、各ブロック優勝チームの内7チームが今回の東京都社会人サッカーチャンピオンシップに1回戦から参戦しています。

#9冨岡大吾選手 この日もスタメンでした。前半に同点ゴールを決め前半は1-1で折り返しました。昨年のレギュレーション資料だと1次戦が70分(下位リーグ互換してるのかも?)とのことなので前後半各35分 になります。同点の場合はすぐにPK戦での進出チーム決定になります。これは避けたいところ。

2回戦に続きスタメン起用のFW#22目黒翔大選手、最終ラインの#14柴村直弥選手はさすがの安定感。そういえば今日はブルーの2ndユニでした。アウェイ扱いなのかな?

#5砂岡優樹選手。後ろに見える南葛ベンチには向笠監督やコーチ陣に混ざり、GMや高橋先生もご観戦。

#23東大樹選手。指示を出す向笠実監督はこの試合でトップチーム監督を退任し育成ダイレクター就任が昨年末に発表されています。それだけに勝って送り出したいところ。

後半途中にゴール前の混戦からラフプレーがあり今度は南葛にPKが与えられましたが、このプレーで負傷があり出血の処置などで試合が一時中断しました。その後のPKはエコ・プランのゴールキーパーがセーブしましたが、後半何度も相手ゴールに迫った南葛SCは#28安田晃大選手がボールを押し込みついに逆転。

なんとか気合で追いつきたいFCエコ・プランも南葛ゴールに攻め込みますがギリギリ攻防を何度も跳ね返し、うまく時間を使った南葛SCが4回戦(準決勝)へ。つぎの相手は午後の試合結果により東京都3部リーグ所属のTOKYO CITY F.C.になりました。試合は場所を駒沢第二球技場に移し2月11日(月曜祝日)19時から行われます。おそらくこの日が福西崇史監督の初陣となり、2月からはブラジル勢も再来日すると聞いているので楽しみです。(1次リーグは昨年のメンバーでの登録なので新加入選手の登場はもう少し後のようです)南葛はAブロックで戦ってますが勝ち抜いた場合、A~C各ブロックの優勝3チームは格上の関東リーグ所属の東京の5チームが待つ2次戦に進出となります。そこで合わせた8チームがさらにトーナメントするわけですが、南葛SCのいるAブロックを勝ち上がると相手は現在関東2部リーグ所属の日立ビルシステムサッカー部に確定しています。

https://www.tokyofootball.com/pdf/tokyocup2019.pdf

今日の試合で最後だった選手もいたようです。離れる選手は残念ですがまた別のステージで頑張って欲しいです。

Anker SoundCore 2 Bluetoothスピーカー購入レビュー

アマゾンでバッテリー駆動で持ち運びの出来る mini Bluetoothスピーカーを購入しました。モバイルバッテリーなどでおなじみの Anker(アンカー)から発売されているモデル名 SoundCore 2 です。色はブラックを選びました。カラーも何種類かあるみたいですがブラックだけ少し安かったので。このスピーカーは出力12W のモデルです。

昨年のサイバーマンデーのタイムセールで購入したので通常のアマゾンでの販売価格よりも少し安い3,749円で購入できました。セールじゃないと買わなかったかもしれません。

サイズは約168 x 47 x 56 mmでかなりコンパクトですが迫力のある重低音が出ます。これは初めて音楽を再生した時に結構ビックリしました いい意味で。ペアリングは簡単で付属の取説通り設定できました。Bluetoothでiphone7に繋いで音楽再生してみましたがリスニングには快適でした。しかしYouTubeなどの動画サイトではやや遅延があり、口が合っていない動画視聴になり見づらい感じがしました。気にしない人は気にならないのかもしれませんが音楽のLIVE動画などは口パクぽく感じてダメです。AUX端子にオーディオケーブルでも大丈夫なのでBluetooth接続以外の通常のスピーカーとしても使えます。しかし仕様のせいか有線接続でもも少し遅延があります。それと意外ですがマイクを内蔵しているのでハンズフリー通話が可能です。(まず間違いなく使わない機能です)充電で動かせるので軽量で持ち運びしやすく色々使えそうです。アウトドア派じゃないので自宅のノートPCの横に置いて使用していますが、スマホタブレットからも接続して音楽を聴いたりしています。あって損はないモバイルスピーカー1台購入して良かったです。

これが外箱です。付属品は取扱説明書のほかは充電用のUSBケーブルだけでした。

posted with カエレバ