60sec STEREO

Disfrutemos más del fútbol y el baloncesto! Vamos a jugar!

ボヘミアン・ラプソディ 2枚組ブルーレイ&DVD 購入

昨年の11月劇場公開時に観に行ったクイーンのフレディ・マーキュリーの伝記的な映画 ボヘミアン・ラプソディー の日本版のBlu-rayが発売されたので購入しました。アマゾンに通常版で予約注文していたものが届きました。tシャツ付きじゃないほうです。発売日の前日到着のフラゲでできましたが、アマゾンではクイーンドキュメンタリー 「クイーン:ブレークフリー」のレンタル視聴に使える200円分のクーポンプレゼントがあり自分のアカウント200円分のクーポンが登録されました。

今回の商品は2枚組でブルーレイとDVDが両方パッケージされったものですが自宅ではブルーレイ環境があるのでそちらで楽しみたいと思います。初回限定生産ということで4枚のポストカードが封入されていました。またデジタルブックレットも期間限定でダウンロードできるようになっています。

映画本編は自宅のテレビで再生した時、劇場で観た時との音声の迫力が違いやや戸惑いました。このような映画は内容やストーリー、映像も重要ですがやはりサウンド面が重要だと気が付きました。自宅でもオーディオに繋いで鑑賞してみましたがそのほうが劇場に近い迫力があり良かったです。DVD用のサラウンドシステムも以前は所有してたのですが、ブルーレイ機器に買い換えたときに処分してしまい最近はテレビのみの再生環境で映画などを見ていました。サウンドバーシステムも購入検討してみようかなと思います。
今回の特典映像で映画本編のクライマックスとなる1985年のライブエイドのパフォーマンスがあるのですが、映画ではカットされた全曲のパフォーマンス映像が収録されています。ただしこちらも映画同様ライブ映像だけではなく途中切り替わったバックステージやチャリティー受付の部屋の音声やバーでTV視聴しているロンドン市民の映像などが間に入ります。できればステージのみの映像で音声トラックも1985年のライブ音源に一切手を加えないものも欲しかったと少し思いました。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』オフィシャルサイト| 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント

allenkk.hateblo.jp

2019東京都社会人1部リーグ第3節 南葛SC- FC OSSA

2019年4月14日 日曜日 この日は葛飾区の奥戸総合スポーツセンター競技場で 2019東京都1部リーグ第3戦 南葛SCのホームゲームが行われました。午後3時からの試合で当日は晴れですが夕方から雨の予報になっていました。奥戸の競技場は川が近く天候が悪いとかなり冷え込むので注意が必要です。

福西崇史監督も前半は割と薄着でしたが後半はベンチコートを着用していました。もちろんオフィシャルユニフォームを担当しているgol. (ゴル)のコートです。今回のお相手となるFC OSSA(えふしーおっさ)は法政大学サッカー部OBが中心となって創設されたクラブらしいのですが、詳しい情報はネットを探してもあまりありませんでした。駒沢オリンピック公園 第二競技場や法政大学城山グラウンド(所在地は神奈川県)をホームにして試合をしているようです。2012年から都リーグ一部にいるようで2014年には1部4位まで順位を上げたようですが、南葛SCが昇格初参入した昨年のシーズンは下位の13位で終えています。去年の対戦では第5節で対戦しており相手ホームの法政大学城山グランドで5-1で南葛SCが勝利しています。

さてこの日のスタメンは(以下敬称略)ゴールキーパー#1大河原、最終ライン右から#6三原#14柴村#17藤田#5砂岡、ダブルボランチ#15青木#28安田(cap)2列目に#25石井#2能登、2トップに#8カベッサ、そして別メニューで調整中の#9冨岡に代わりこの日は#20佐々木が加入後公式戦初スタメンです。

昨年からのメンバーでディフェンスラインに戻ってきた#17藤田峻作選手は東京カップ1次戦決勝以来の出場です。そのため東京カップ2次戦~決勝、前節の都リーグ2節までディフェンスの要になっていた#39高櫻選手がベンチスタートでした。

この日は#25石井謙伍選手が右のMF、当初右の定位置だった#2能登正人選手が左MFに回っていました。前節の試合は途中からの参戦だったため細かくポジションを見ていませんでしたが、先週の動画で確認すると前節も同じように右に#25石井、#2能登のスタートポジションで同じく中盤の#28安田を含め攻撃時は頻繁にポジションチェンジしているようです。

#8カベッサは先週の練習では別メニューで調整している姿も見られましたがこの日もスタメンで出場しなんと4得点の活躍!3試合で6得点となりました。

#20佐々木竜太選手は初スタメンで後半には移籍後公式戦初得点となりました。1得点1アシストの活躍。#25石井選手は何度かチャンスがありましたが残念ながらゴールはなし。客席にはこの日も札幌経由の石井ファンが多数お見えになっておりました。

攻撃を組み立てる司令塔#28安田晃大選手

後半投入された#7瀧口大輔選手 最近は元Jリーグ所属の選手など新戦力とのポジション争いが大変ですが、去年までのメンバーにも頑張っていただきたい。サポーターの声量も上がります。この日の交代は他に(以下敬称略)#29アンジーニョ、#3デイビッソン、#11 疋田大和、都リーグ1部は交代5名まででしょうか?レギュレーションが詳しくわかりません。

#29アンジーニョは途中出場でしたがプレー中に脚の違和感があったらしく倒れこむシーンがあり、その後立ち上がりプレーを続け公式戦来日初ゴールを決めましたが、その後途中交代でベンチに戻りケアしていました。自ら交代を要求した感じもあり次の試合に向けて心配です。

これで2勝1分けの暫定順位で3位となっています。次の試合は1週空けて駒澤大学GIOCO世田谷戦となります。相手は世田谷と名乗っているのに試合会場は千葉敬愛高等学校 内黒田グラウンド(千葉県四街道市)での開催です。

今節の開催となった南葛SCのホーム 葛飾奥戸総合スポーツセンター競技場 は 〒124-0022 葛飾奥戸7-17-1 電車だと京成青砥駅から徒歩15分、バスだと亀有、金町、新小岩、小岩などからのアクセスとなります。
葛飾区奥戸総合スポーツセンター || 施設のご案内 || 奥戸総合スポーツセンター

アップデートにより日本でもAmazon Fire HD 10にAlexa(アレクサ)が搭載され利用可能に!

自宅で使用しているタブレット Amazon Fire HD 10 が今回 自動アップデートにより音声アシスタントのAlexa(アレクサ)が搭載され利用可能になりました。数日前の深夜に自動アップデートされていて簡単な初期セットアップで使えるようになってなっていました。アメリカでは昨年の6月から対応していたようですが日本では遅れること半年ついにアップデートされ利用可能になりました。

Fire HD 10タブレットがAmazonn Echo Showのように使える「Show Mode」というものがあり、それをONにするとEcho Showのように画面付きスマートスピーカーになります。

画面上部からスライドさせ簡単な設定画面の中にあるShow ModeのスイッチをONにします。

現在時刻と設定地域の気温天気が表示されたEcho Showモード

「アレクサ」と話しかけずに横にスライドさせるとニュース画面になりました。話しかけてAlexaにニュースを読んでもらうことも出来ますし、タイトルをクリックしたらニュース記事が文章で表示されました。

Show ModeをOFFにして通常の Amazon Fire HD 10 タブレットとして使用していてもAlexaは待機している状態なので「アレクサ」と話しかけるとすぐに反応します。アマゾンミュージックの曲を再生したり、天気予報や時刻を聴いたり、NHKのニュース動画を再生させたりしてみましたが快適です。本体スピーカーはそれほど高音質ではないので残念ですが簡易的に使う分には十分かなと。「アレクサ、〇〇して」というキーワードでいろいろと試しています。Amazon Musicでは曲の歌詞がカラオケのように表示されこれは今までの聴き方より面白いかなと思いました。今回Amazon Fire HD 8も第7世代だと対応しているようですが、所有のHD 8は第6世代だったので残念ながらアップデートされていませんでした。

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 32GB

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 32GB

allenkk.hateblo.jp

2018-19 B1リーグ 第34節 千葉ジェッツ vs 秋田ノーザンハピネッツ

2019年4月10日水曜日夜 この日は千葉ポートアリーナで水曜日のBリーグ1試合が行われました。B1リーグ 第34節 千葉ジェッツ vs 秋田ノーザンハピネッツ の試合です。この時期少し暖かくなってきましたがこの日は気温も低く結構な雨でした。

京成電鉄の京成成田行きで京成船橋駅で降り乗り換えて同じ京成本線千葉中央駅行きで終点まで、千葉中央駅が最寄り駅です。そこから公園を突っ切って徒歩約12分です。天候が悪くもう少しかかったかもしれません。ここのアリーナは一昨年の秋田戦、昨年の日本代表戦以来です。ジェッツ戦は船橋アリーナのホーム試合がほとんどなので。

正直もう負けられない状態の秋田ノーザンハピネッツ、先週の試合で西地区の滋賀レイクスターズが勝利しワイルドカードの順位で一つ上に行かれて秋田は降格県内(ボトム4)へ落ちてしまいました。

この日も1Qは接戦でしたが前半から徐々に点差が離れはじめ、全クォーター20点に届かない秋田は最終スコアで91-62という30点近い点差で敗北となりました。

同地区とはいえ秋田からのアクセスも決して良くない千葉での平日夜の試合(第34節は1試合のみ)ということで秋田のブースターもいつもより少なく、そもそもアウェイ席のベンチ裏までびっちりジェッツブースターがチケットを買い占めてる状態で、まさにドアウェイの洗礼という感じにアリーナの雰囲気が出来上がってました。

となりがジェッツブースターでも関係なく声援を送りましたが、チーム力の差がかなり出ていたかなと思います。

18 1Q 19
25 2Q 17
28 3Q 12
20 4Q 14

千葉ジェッツ 91-62 秋田ノーザンハピネッツ


【B1ハイライト】04/10 千葉 vs 秋田(18-19 B1第34節)

千葉は地区優勝とチャンピオンシップ優勝が目標で秋田はプレイオフ回避してB1残留するのが残り試合の大きな目標となります。

2019東京都社会人1部リーグ第2節 南葛SC-ZION FOOTBALL CLUB

3月31日 日曜日 晴れ この日の夜は 奥戸総合スポーツセンター 陸上競技場で2019年の東京都社会人1部リーグの第2節が行われました。葛飾区からJリーグを目指す南葛SCと今年2部から昇格してきたZION FOOTBALL CLUB(ザイオンフットボールクラブ)との対戦でした。昨シーズン東京都社会人1部リーグ覇者の南葛SCは、関東2部から降格してきたエリース東京FCに続き上位になるため今シーズンは下位チームから順番に対戦していくリーグ戦組み合わせとなっています。リーグ戦は16チームで1回戦総当たりなのでホームアンドアウェイではありません。この試合は南葛にとっては先週の明治学院大学スカーレット戦に続く2試合目ですが、お相手のZION FOOTBALL CLUB(以下ZION )は第1節のエリース東京FC戦が延期となっているためこの試合が1部リーグ初の試合となります。

この試合は今シーズン初の1stユニフォームでの試合でした。やはり南葛といえばこの白を基調としたユニがおなじみです。オーセンティックのユニフォームを購入しましたが1stユニフォームは本当にカッコいいです。背番号は少し薄めのブルーで背番号下に選手の名前が入っています。そして背中上部にはキャプテン翼ライジングサン(グランドジャンプ連載)のロゴが入っています。この日は先週の試合では出場できなかった#2能登正人選手もスタメンに戻ってきました。この葛飾陸上競技場での試合は1月のキャプテン翼カップ2019のエキシビジョンマッチ(東邦学園 VS 南葛SC)以来です。何名かの新加入選手は東邦学園 での出場でしたので、南葛のでユニフォームでこのピッチに登場するのは初です。

公式サイトによるとスタメンは(以下敬称略)ゴールキーパー#1大河原、最終ライン#5砂岡#6三原#14柴村#39高櫻、MF#2能登#15青木#25石井#28安田(cap)2トップに#9冨岡#8カベッサ。

センターバックのコンビは#14柴村#39高櫻 ここ最近不動の二人です。

前半30分近くになって競技場に到着したのですでに交代カードを一枚切ってあり#5砂岡に代わって#4近藤が最終ラインに入っていました。右SBが#4近藤、左SBが#6三原になっていましたが、三原選手は両サイド出来るため試合開始時は左#5砂岡、右は#6三原だったと思われます。

試合は前半早々入り方が悪く前半早いうちに失点をしたようです。行きのバスの中で試合経過を追ってたのですがまさかの早々の失点にはびっくりしました。競技場到着時はまだ1点ビハインドでした。ボール支配率は悪くなくかなり持ち直したようですが交代カードを前半で使ったのは相手のシステムに試合中に合わせたのかもしれません。公式やTOKYO FOOTBALLのダイジェスト動画を観る限りでは前半の序盤はかなり押されていて連携も悪いように見えます。

前半のうちにセットプレイで逆転しました。同点ゴールは#28安田のコーナーキックから#14柴村がヘディングで決めます。逆転となる2点目は#9冨岡が前線で粘りフリーキックを獲得、それを#28安田が直接叩き込みました。後半になりまたしても#28安田がミドルシュートを決め3-1に、ダメ押しは#8カベッサがリーグ戦2試合連続ゴールを決めましたがこちらもスルーパスでお膳立てしたのが#28安田でした。東京カップから好調でチームを引っ張る新キャプテンの2ゴール2アシストの活躍で2東京都1部リーグ2戦目は4-1での逆転勝利となりました。

後半には日本での公式戦待望のデビューとなる#29アンジーニョがピッチに登場!得点こそありませんでしたが相手のスペースに顔を出しドリブルで果敢にゴール前に迫り観客を沸かせました。サポーターの前でも笑顔で盛り上げ陽気なムードメーカーな感じもあります。最近途中出場が多い#3ディビッソンも後半終盤に投入されました。

夕方からかなり寒かった奥戸総合スポーツセンター 陸上競技場ですが、特に後半は風も強く極寒ともいえる天候の中観客もかなり多く、両チームのサポーターも声出し応援が出来る競技場ということでかなり盛り上がりました。この試合自体はZION FOOTBALL CLUBのホーム扱いで行われたようですが葛飾区の競技場ということもあり南葛SCのホームゲーム的な雰囲気でした。

福西監督は序盤の入り方が悪くそこをかなり反省しているようでした。2戦目にしてやっと勝利を手にしてこの先のリーグ戦が楽しみです。先週対戦した昇格チームの明治学院大学もそうでしたが今年の1部リーグはかなり戦いづらいチームが多そうです。もちろんリーグ2連覇が目標ですが、混戦になっても3位以内で終えないと関東リーグへの昇格へと続く関東社会人サッカー大会への出場権を得られません。この先も引き続き応援していきたいと思います。

www.tokyofootball.com

この試合のハイライト動画は南葛SC公式サイトからもご覧になれます。
【TOP/Game highlights】2019東京都1部リーグ第2戦 南葛SC 4-1 ZION FC | 南葛SCオフィシャルサイト 葛飾区からJリーグチームを!

今回の対戦相手のZION FOOTBALL CLUBの公式サイトはこちら
https://zion-fc.com/