読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bリーグ2016-2017 第25節 アルバルク東京 vs 秋田ノーザンハピネッツ

2017年3月25日土曜日、この日は代々木第2競技場に秋田ノーザンハピネッツのアウェイゲームを見に行って来ました。相手はここ代々木をホームとするアルバルク東京です。

14時一般開場で10時から待機列整列とのことでしたが13時にいったらまだ30人ぐらいでした。前節は渋谷ダービーで青山学院記念館(相手のサンロッカーズ渋谷のホーム)に4千人つめかけ、ゲーム2ではブザービーターで勝利して盛り上がっており、また春休みということもあり混むんじゃないかと思ってましたが大丈夫でした。開場を待っているとマスコットのルークがお出迎え。

f:id:allenkk:20170325154509j:plain

会場は代々木第2でしたがお隣の代々木第1では東京ガールズコレクションが開催中で異常なほどの若い女子だらけでした。バスケのほうはやや年齢層高め。

f:id:allenkk:20170325165308j:plain

開場からティップオフまで3時間ありましたがバスケは室内競技ということもあり、ずっと座席に座っていても天候や寒さ関係ないので時間長くは感じません。これはサッカーと違うところです。代々木の自由席はやや椅子が硬く感じるぐらいです。

f:id:allenkk:20170325182716j:plain

代々木第2は競技場アリーナなのでパイプ椅子は少なく2階は全て自由席です。遅く来ても座れないことはないでしょうがアウェイ側ベンチ裏付近に陣取るなら早めに入った方がいいと思います。

f:id:allenkk:20170325182721j:plain

前回も自由席でしたがややコートエンドに近い位置だったので、今回はベンチ裏に近い場所にしてみましたが全体を見渡せてかなり見やすかったです。ブースターも固まっているので臨場感も増します。

試合は入り方が悪く追いかける展開が続き、第3Qでかなり追い詰めましたが最終的には78-60で負けました。翌日のゲーム2ではリベンジに成功し勝利しましたが、残念ながら日曜日の試合は見に行けなかったので残念です。東京にはこれで2勝しましたのでシーズン最終節のホーム試合でも勝利して貰いたいです。

UNUBER Amazon 2015 Kindle fire HD8対応強化ガラスフィルム

Amazon fireHD8用のディスプレイ保護用の強化ガラスです。2015 Kindle fire HD8用と表示されていましたが、レビューを観ると2016年仕様のモデルにも使えるらしいので購入

パッケージ表です。
スクリーンプロテクター 液晶保護 強化ガラスフィルム 9H硬度(極薄)0.3 mm クリア

パッケージ裏です。
HD高透過率ラウンドエッジ 耐指紋性 撥油性保護 防爆 気泡防止 液晶保護フィルム 飛散防止フィルム

開封すると装着時にディスプレイを磨くアルコールを含んだシートと磨き用のシートがそれぞれ番号付きで入ってました。説明書はないですが大体わかりました。強化ガラスの装着手順は毎回大体同じなので。

貼り付けはガラス下側のシールを剥がしてディスプレイに貼り付けます。カメラレンズ部分がくり抜かれてるので、それを目安にしてやれば大丈夫です。何度かやり直しても問題なく張り付きました。ガラスなので気泡もうまく抜けてくれます。貼った後気になるのは指紋がやたら着くことですが、こまめに拭き取りながら使っていこうかなと、買い換えるほどの不満はありません。やっぱりシールよりは安心感あります。一度iPhone用の強化ガラスを使って以来シールは使わず、ずっと強化ガラス派です。

【Ceavis】 Fire HD 8 2016 ケース カバー

AmazonのfireHD8用のカバーケースです。純正ではないサードパーティ製ですが、Amazonのレビューなどを参考に購入

スタンド機能付き 耐衝撃 折り畳み 横開き 軽量型 (ブラック)

色は悩みましたが飽きの来ないシンプルな定番のブラックにしました。本体も黒ですから結局これにしました。

開くとこんな感じです。ディスプレイ保護用に内側は加工されています。サイズもバッチリで電源ボタンやボリューム、スロットにも干渉はありません。

装着してみました。前面蓋を折りたたんでスタンドにすることが出来しっかり立て掛けることが出来ます。

Amazon fireHD8 16GB でGoogleプレイ

Amazonプライム会員のamazon fireHD8タブレットの4000円割引きコードを使って16GBのfireHD8(2016年9月発売のNewモデル)を購入。1か月以上入荷待ちでしたが3月18日に商品が到着しました。じつは購入手続きしてから入荷まで時間がかかるのが分かり、すぐに在庫があった32GBモデルに変更したかったのですが、クーポンは1度きりしか使えずキャンセルしてもクーポンが戻らないとの事だったので結局待ってました。ようやく到着したタブレットです。

今回初めてfireタブレットを購入しましたが、パッケージはポップで簡易的な感じです。箱にガッチリ収まってるAppleとは違う印象。iPhone使いなんでホントはiPadが良かったのですが高価なのでこちらにしました。12,980円が4,000円引きの8,980円は破格です。

オレンジすぎるパッケージ裏はこんな感じ

上部ミシン目を破り開封しました。本体と充電用のUSBケーブルとACソケットが付属。簡単な説明書のみ入っています。ちなみに本体のアプリの中にHELPアイコンがあります。それを開くとユーザーガイドもあります。

完全ではないが充電されているのですぐに起動。自分のAmazonアカウントが組付された状態で出荷されています。この辺は前回購入したAmazon fireTV stickと同じで個人利用には便利です。


今回はそのままamazonタブレットとして使うのではなく、某手順を使ってandroid化させGoogleプレイのアプリを使えるようにしました。

root取得不要で簡単にFireタブレットGoogle Playを動かす方法

note.chiebukuro.yahoo.co.jp

こちら http://yahoo.jp/box/VbWSDa から APK を 4 つダウンロードして順番にインストールするだけです。

1-Googleアカウントマネージャー.apk
2-Google_Play開発者サービス.apk
3-Googleサービスフレームワーク.apk
4-Google_Playストア.apk

fireタブレットAmazonのSilkブラウザでインターネットアクセスできます。
この種類のファイルはお使いの端末に悪影響を与える可能性があります。と表示が出てもOKを押してダウンロード。
4つのapkファイルを順番にインストールしますが「インストールは制限されています」と出るので「設定」押して設定画面に移り「不明ソースからのアプリ」を「許可」へ、「警告」が出ますがOKで順番にインストールするだけでした。
Google_Playストアのアプリを起動するとGoogle アカウントが必要になるので新規に作るか持ってるアカウントを使いましょう。

スポナビライブやabemaTV、Instagram、feedy、などの定番アプリをGoogleプレイストアからダウンロードしインストール、問題なく動いてます。また万が一動作がおかしくなっても工場出荷設定に戻せば大丈夫との事。破格のamazonnタブレットがのAndroid機になりました。

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック

LINE6 pocket POD

LINE6のアンプシミュレーターpocket POD まさにポットにしまえる手のひらサイズですが、中身はPOD2.0相当の機能でアンプモデル数:32 の キャビネモデル数:16

音は少しこもり気味で少しノイジーですが手軽に使える分我慢して使っています。本体でのエディットはかなり無理があり、USBでパソコンに繋いで専用のソフトを使って細かく弄ることができます。基本PC起動してiTunesで音源流してオーディオインターフェイスにギターを繋いで弾きますので、同時にエディットソフト立ち上げて音作りする感じです。Vyzex EditorというソフトなんですがこれはLINE6のホームページで無償ソフトウェアをダウンロード出来ます。このソフトあってのPocket PODと言えるでしょう。本体は小さく可愛くできていますが、こういった機材は最低でも入力と出力で2本のコードが刺さるわけで、より安定した動作を求めると電池駆動ではなく9Vのアダプターも繋がり、さらにVyzex Editor用にUSBケーブルまで繋がってゴチャゴチャになります。しかもUSBは本体背面ではなく左手前にあります。

初代POD、モバイルPOD、ペダルタイプのPOD、いろいろ試しましたがペダルタイプのFLOOR POD PLUSが一番好みの音だったかな。初代PODは音の遅延の問題、モバイルPODは出力不足とノイズ、FLOOR POD PLUSは大きさが気に入りませんでした。
pocket PODはモバイルよりはマシですがやはり出力不足と少しノイズが気になります。音は前に出てくるんですが少しこもります。レイテンシーは気にするほどではないんでしょうけどFLOOR POD PLUSよりは微妙に感じます。エフェクター類はPOD2.0と同じくおまけ程度ですがそれなりに使います。1台で完結させるには十分でしょう。やっぱり簡易的に使ったほうがいいのか、POD入力前と空間系以降はペダルタイプのエフェクターを多用してるので、自分の環境ではどうしてもノイズが出てしまいます。

Line6 (ライン6) アンプシミュレーター POCKET POD 【国内正規品】

Line6 (ライン6) アンプシミュレーター POCKET POD 【国内正規品】