60sec STEREo

CDが捨てられなくて増え続ける呪文にかかっています

エルサレム・スリム (Jerusalem Slim) 1992 日本盤

ハノイ・ロックスHanoi Rocks)解散後にソロとなった マイケル・モンロー(Michael Monroe)が、1990年頃ギタリストのスティーヴ・スティーヴンス(Steve Stevens)やハノイのベーシストだったサム・ヤッファ(Sami Yaffa)などと結成した幻のバンド、 エルサレム・スリム (Jerusalem Slim) の1992年のアルバム日本盤です。

f:id:allenkk:20210312172857j:plain

初回限定盤で同じデザインの外箱が付いていました。(帯にはマイケル・モンロー&エルサレム・スリムと表記)
このプロジェクトはマイケルがアルバム Not Fakin' It(1989年)をソロでメジャーヒットさせたあとの1990年頃始動しましたが、サウンド面で全権を握っていた相棒のギタリスト、スティーヴが突然の脱退。
これはモトリー・クルー(Mötley Crüe)を追い出されてしてソロプロジェクトを立ち上げたお騒がせ男 ヴィンス・ニール(Vince Neil) のバンドへの合流が原因で、まさに裏切るような形でバンドを空中分解させます。
allenkk.hateblo.jp
むしろ始まってすらいないので途中放棄のような感じかもしれませんが契約とかないんですかね?
つまりこのアルバムに収録された曲はレコーデイングがある程度終わった状態で放り出された作品です。

日本ではマイケルの人気あやかりこのようにアルバムとしてリリースされましたが、このアルバム発売時はこのバンド自体すでに存在せず、当時のCDのフォーマットではここに収録された全9曲で作品が完結してるとは思えませんよね?苦し紛れかデモ曲が2曲追加され11曲入りにはなっていますがどうにも中途半端。
しかもしばらくは当のマイケルが激おこ状態だったらしく、日本でエルサレムのアルバムがリリースされすぐにマイケル・モンローバンドとして来日した際もこのアルバムの曲はプレイせず、以後自身のキャリアから除外したいものだとずっと思っていました。
しかし時が過ぎ最近見たマイケルの公式サイトではディスコグラフィのなかにしっかりこのアルバムも入っており、どういった心境の変化かこれにはビックリです。

f:id:allenkk:20210312172901j:plain

実はこのアルバムに収録されている曲自体はすごくいい曲ばかりでギターのプレイやアレンジも構築されていて個人的には好きな部類なんですが、一方でバンドのスタイルやプロデュースがマイケルには合っていないと意見も強く、あまり語られることも無い作品となっています。
ハノイの盟友サムもベーシストとしてクレジットされていますが、このアルバムでは3,7,8曲目と2つのデモ曲のみでのベースプレイとなっており、あとは俺様スティーヴのオーバーダビングとなっています。
まあギターのアレンジに関してしっかり組み立てられていて、天才スティーヴにしてみれば朝飯前の平凡なプレイなのかもしれませんが、様々なギミックがあり本当によく出来ています。
もう一人のメンバードラムのグレッグ・エリス(Greg Ellis )は9曲目以外で叩いていますが、デモ曲では(おそらく)リズムマシーンが使われておりその2曲ではプレイしていません。
外部のプロデュースが入っていないその2曲こそがこのアルバムで最もいい演奏という声もありますが、いずれにせよさっぱりバンドらしくないアルバムですね。


Jerusalem Slim - ST [full album, HQ, HD] hard rock (Steve Stevens)

7曲目 Teenage Nervous Breakdown はNazareth*1 (オリジナルはLittle Feat*2 ) のカバーで、あとはマイケルとスティーヴの共作なのかな?しっかりクレジットが無いので判りません。
でもほんとどの曲もワールドリリースされていないのがもったいないくらいの曲だと思うのですが。
特に後半6曲目 Lethal Underground、8曲目 Gotta Get A Hold あたりはハノイ・ロックスを思わせる雰囲気の楽曲ではないでしょうか?
この感じはヴィンスの Exposed(エクスポーズド)のほうにはない日本人好みのメロディラインでマイケルの楽曲かなと思います。

日本以外ではドイツでもリリースがあるらしく海外盤には追加で1曲 Scum Lives On という楽曲が追加収録されています。
この曲はエルサレム・スリム消滅後の1994年にマイケルとサムが新たに立ち上げたバンド デモリション23(Demolition 23)のアルバムにも収録されおり、デモリションのほうはパンクスタイルのバンドということもありシンプルですが、スティーヴアレンジのほうはよりハードでテクニカルなギターソロなどもありマイケルのそれとはやはり違うテイストになっています。

ちなみにですけどスティーヴのヴィンス・ニールバンドへの参加は1枚で終わり、マイケルのデモリション23もアルバム1枚の短命に終わります。
ずいぶんとお騒がせですがスティーヴは短期間で2枚のアルバムで全権握りギター弾きまくり、ヴィンスのツアーでは世界を回りかなり稼いだのではないでしょうか?
その後ビリー・アイドルとのシングル Speed や日本の氷室京介のアルバム・ツアーの参加など、弾いても弾いてもネタの尽きないギターを聴かせてくれます。

Jerusalem Slim (1992) 日本盤 収録曲
  1. Rock n' Roll Degeneration
  2. Dead Man
  3. Attitude Adjustment
  4. Hundred Proof Love
  5. Criminal Instinct
  6. Lethal Underground
  7. Teenage Nervous Breakdown
  8. Gotta Get A Hold
  9. The World Is Watching
  10. Rock'N'Roll Degeneration (Demo)
  11. Teenage Nervous Breakdown (Demo)

Jerusalem Slim

Jerusalem Slim

posted with カエレバ

2010年には Jerusalem Slim – Attitude Adjustment Demos というレコーディング時のセッション音源が海外でCD-Rですがリリースされてるようです。
どうにもマニア向けですが今度入手したらまた書いてみたいと思います。

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。

*1:ナザレス - アルバム『威光そして栄誉』(1973年)に収録

*2:リトル・フィート - アルバム『セイリン・シューズ』(1972年)に収録