60sec STEREo

CDが捨てられなくて増え続ける呪文にかかっています

Bellybutton(ベリーバトゥン)/ ジェリーフィッシュ (1990)

アメリカの90年代パワーポップバンド Jellyfish (ジェリーフィッシュ ) 1990年の1stアルバム Bellybutton(ベリーバトゥン)当時の輸入盤です。

f:id:allenkk:20210307234909j:plain

様々な楽器を演奏できるアンディ・スターマー とロジャー・マニングが中心となり結成されたバンドで、主にボーカルとドラムのアンディ、キーボードのロジャー、さらにこのアルバム当時のギタリストであるジェイソン・フォークナー(ベースとクレジットもあり)、さらにロジャーの弟であるクリス・マニングを含めた4人組
ただしクリスに関してはライナーのクレジットが band witchdoctor and mime になっておりこのアルバムでの担当楽器はいまいちわからない。
このアルバムではピアノに2本程度のギター、パーカッションなどの音数の少ないシンプルなアレンジに、ビートルズを思わせるコーラスワークで聴きやすい。

アルバム3曲目の The King is Half Undressed はイントロのギターとドラムのリズムが 何となくMr. Children名もなき詩 に影響を与えているような気がしてならない。
このミュージックビデオではアンディ以外のメンバーがタンバリンしか演奏していませんが、曲中の間奏もよくあるギターソロなどではなくビートルズの because などを思わせる複雑なで美しいコーラスで構成するなどシンプルですが凝っています。

The King is Half Undressed / Jellyfish ミュージックビデオ

ジェリーフィッシュはメロディアスでポップなROCKで日本でも人気が出ましたがオリジナルアルバム自体は2枚と少なく、3年後のセカンドアルバム こぼれたミルクに泣かないで(原題:Spilt Milk)の頃には1stに感じられたバンドぽい作風から、よりスタジオワークが中心となった凝った(ビートルズというよりはクイーンのような)アレンジが多くなります。
好みがわかれるところで Spilt Milk のほうは名盤と評価が高いがこの1枚目のほうを個人的には選びたい。
バンド解散後にロジャー・マニングが後期のLIVEツアーメンバーだったエリック・ドーヴァーと結成したユニット Imperial Drag(インペリアル・ドラッグ)もパワーポップですが、ジェリーフィッシュよりもハードな作風でそちらもおすすめです。

Bellybutton / Jellyfish (1990) 収録曲

※は日本盤に付いている邦題

  1. The Man I Used to Be
  2. That Is Why
  3. The King Is Half-Undressed(※半分裸の王様)
  4. I Wanna Stay Home
  5. She Still Loves Him(※彼女はまだ彼が好き)
  6. All I Want Is Everything
  7. Now She Knows She's Wrong(※彼女のあやまち)
  8. Bedspring Kiss
  9. Baby's Coming Back
  10. Calling Sarah

ベリーバトゥン (期間限定盤)

ベリーバトゥン (期間限定盤)

posted with カエレバ

d払いなら、支払いのたびにdポイントがザクザクたまる!ポイント還元キャンペーンもたくさん!ドコモ以外の方もご利用OK

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。