60sec STEREO

最近は80年~90年代のCDレビューが中心のブログとなっています♪

All That...And Born To Mack (Live in Japan) (1995) / Stevie Salas Colorcode

コロナに負けるな!さてさて今日ご紹介するのは今から遡ること25年前…ギタリストの Stevie Salas(スティーヴィー・サラス)が1995年に日本でリリースししたライブ音源

タイトルは「ライブ・イン・ジャパン All That...And Born To Mack」 Stevie Salas Colorcode(スティーヴィー・サラス・カラーコード)名義での発売です。

収録されているライブ音源は1994年の渋谷公会堂でのアルバム「Back From The Living(バック・フロム・ザ・リビング)」のツアー日本公演のもの。

ツアーメンバーはベースにお馴染みのT.M.スティーヴンス、ドラムに Tal Bergman (タル・バーグマン)、コーラスやパーカッションなどのサポートで Vince Ruby (ヴィンス・ルビー)が参加。

ドラムのタルはジャズ~ロック系の様々のミュージシャンのレコーディングに参加しているミュージシャンのようで、ヴィンス・ルビーは以前にもサラスのアルバム「The Electric Pow Wow」でもボーカルでセッションに参加しています。

同タイトルのビデオ(VHS)も日本で発売されそちらも所有しています。このCD盤のライブ・イン・ジャパンの7曲目 Sex Machine、9曲目 Power Of Soul の2曲はVHS版には未収録でCDみの収録です。

このジェームス・ブラウンのカバーのSex Machineを御茶ノ水ディスクユニオンで試聴して当時強烈なカッコよさを感じCDを購入しました。

ちなみにVHS版のほうには Stand Up!Two Bullets And A Gun の2曲が上記の曲の代わりに収録されています。

いまとなってはCDより貴重な映像作品となっていますが、こちらはまたの機会に紹介したいと思います。コロナ騒動で自宅で暇なんでね。

Stevie Salas Colorcode/ライヴ・イン・ジャパン!! - TOWER RECORDS ONLINE


Stevie Salas - Tell Your Story Walkin´ (Live)

All That...And Born To Mack (Live in Japan) (1995) 収録曲
  1. Tell Your Story Walkin'
  2. Blind
  3. Got A Feeling
  4. Too Many Mountains (Blind Lemon Bollocks Version)
  5. Born To Mack
  6. I Once Was There
  7. Sex Machine
  8. The Harder They Come
  9. Power Of Soul
  10. Start Again
  11. The Walls Came Down
  12. Trail Of Tears

posted with カエレバ

INABA/SALAS|ニューアルバム『Maximum Huavo』4月15日発売|Blu-ray/DVD付き仕様はオンライン期間限定10%オフ|稲葉浩志|Stevie Salas(スティーヴィー・サラス) - TOWER RECORDS ONLINE

にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
みなさま外出は控えめに!また平和な日常が戻りますように。