60sec STEREO

最近は80年~90年代のCDレビューが中心のブログとなっています♪

David Lee Roth(デイヴィッド・リー・ロス) の ソロアルバム Eat 'Em and Smile(1986)

音楽系のブログを多数やりかけて何度も自然消滅させているのでたくさんの発掘記事があります。今回も発掘したものに加筆していきましょう!出てきたのはド派手なジャケットのアルバム Eat 'Em and Smile(1986) 80年代全米2位まで行ったアルバム1984で大成功したVan Halenヴァン・ヘイレン)を喧嘩別れで華麗に脱退したボーカリスト David Lee Roth(デイヴィッド・リー・ロス)の1stアルバム。ワーナーシール帯のCD国内盤です。シールも色あせて消えかけています。おそらく30年近く前、購入した時はすでに中古で少しジャケットも劣化してたと思いますが詳細は覚えていません。発掘して久しぶりにケース空けてみましたがジャケットも破れていて中綴じも分かれてしまっていました。


デイヴが対ヴァン・ヘイレン陣営に挑んだデイヴ連隊戦闘団のメンバーはギターに変態スティーヴ・ヴァイSteve Vai)ベースに変態ビリー・シーン(Billy Sheehan)ドラムスに変態グレッグ・ビソネット(Gregg Bissonette)という当時の超スーパーバンド。そしてボーカルは超変態エンターテイナー ダイヤモンド・デイヴ!というゴージャスな能天気アルバム!スティーヴ・ヴァイのギターはダビングが少なくライブを意識したようなアレンジで非常に参考になります。ギターソロ時のバックのスカスカ感が当時は癖になりました。ヴァン・ヘイレンも同じような感じでしたが遊びが多いのが特徴かな。

ここがたまらん!

2曲目の「SHY BOY」はベースの Billy Sheehan(ビリー・シ-ン) の持ち曲で自身のバンドTALAS(タラス)時代から演奏されている曲ですが、こので聴ける変態デイヴヴァージョンが一番いい出来だと思います。
超絶スーパーテクニックの異種格闘技がたまりません。

アルバムラストのThat's Life(ザッツ・ライフ)はロックな部分よりエンターテイナー性を前面に押し出した曲。ちょっと話しがそれますが日本のミュージシャン ダイアモンド✡ユカイもソロアルバム1作目は「I'M THE BEST -世界の女は俺のもの-」(1990)なんてゴージャスなアルバムタイトルだったな。ジャケットの写真もド派手でヴァン・ヘイレン側にちょっとケンカ腰で挑発しているタイトルの1stアルバムですが2枚目のSkyscraper (1988)とあわせて80年代を代表するロックアルバムだと思うのです。ライブは90年代に入ってから1度東京公演(中野サンプラザだったかな?)に行きましたがその頃はすでに違うバックバンドでの演奏でしたね。

That's Life

That's Life

  • デヴィッド・リー・ロス
  • ハードロック
  • ¥255


アルバムの1曲目 Yankee Rose のミュージックビデオです。

曲目リスト
1. Yankee Rose
2. Shyboy
3. I'm Easy
4. Ladies' Nite In Buffalo?
5. Goin' Crazy!
6. Tobacco Road
7. Elephant Gun
8. Big Trouble
9. Bump And Grind
10. That's Life

イート・エム・アンド・スマイル

イート・エム・アンド・スマイル

posted with カエレバ
にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。

関連記事
allenkk.hateblo.jp