60sec STEREO

音楽と情報を吸収する日常 ♬ サッカーやバスケが待つワクワクする週末!

古き良き東京の世界観!はっぴいえんど / 風街ろまん(HQCD)

日本ロックの金字塔 はっぴいえんど1971年のセカンドアルバム 風街ろまん 2009年にポニーキャニオンからの再発で出たスリーヴケース付きでマスター音源に忠実なHQCD仕様の高音質盤 

このアルバムの発売された71年以前の東京オリンピック以降の開発や近代化による失われていく古き良き東京の街をコンセプトにしたセカンドアルバム。全体的に緩い楽曲が続きますがこのセカンドが一番日本語が入ってきやすい。

細野晴臣大瀧詠一鈴木茂によるロック色の強い楽曲に松本隆が懐かしい空気感のある日本語をふわっと乗せた日本語ロックの名盤。来年は2度目のオリンピックが東京で行われますが60年から70年代当時はまたオリンピックが来るなんて誰も思わなかったですよね。細野作曲の 風をあつめて が名曲ですが、個人的には 空いろのくれよん はいからはくち といった大瀧曲が好きです。日本語だけで構成された世界観に引き込まれます。言葉の言い回しが古臭いハイカラな言葉だったり旧仮名使いだったり、手書きの歌詞カード見ながら楽曲を聴いているとCDではありますがアナログ感あります。

01抱きしめたい
02空いろのくれよん
03風をあつめて
04暗闇坂むささび変化
05はいからはくち
06はいから・びゅーちふる
07夏なんです
08花いちもんめ
09あしたてんきになあれ
10颱風
11春らんまん
12愛餓を

風街ろまん

風街ろまん


 ブログランキング・にほんブログ村へ