60sec STEREO

音楽と情報を吸収する日常 ♬ サッカーやバスケが待つワクワクする週末!

ついに日本発売!映画 ボヘミアン・ラプソディ 2枚組ブルーレイ&DVD 購入

昨年の11月劇場公開時に観に行ったクイーンのフレディ・マーキュリーの伝記的な映画 ボヘミアン・ラプソディー の日本版のBlu-rayが発売されたので購入しました。アマゾンに通常版で予約注文していたものが届きました。tシャツ付きじゃないほうです。発売日の前日到着のフラゲでできましたが、アマゾンではクイーンドキュメンタリー 「クイーン:ブレークフリー」のレンタル視聴に使える200円分のクーポンプレゼントがあり自分のアカウント200円分のクーポンが登録されました。

今回の商品は2枚組でブルーレイとDVDが両方パッケージされったものですが自宅ではブルーレイ環境があるのでそちらで楽しみたいと思います。初回限定生産ということで4枚のポストカードが封入されていました。またデジタルブックレットも期間限定でダウンロードできるようになっています。

映画本編は自宅のテレビで再生した時、劇場で観た時との音声の迫力が違いやや戸惑いました。このような映画は内容やストーリー、映像も重要ですがやはりサウンド面が重要だと気が付きました。自宅でもオーディオに繋いで鑑賞してみましたがそのほうが劇場に近い迫力があり良かったです。DVD用のサラウンドシステムも以前は所有してたのですが、ブルーレイ機器に買い換えたときに処分してしまい最近はテレビのみの再生環境で映画などを見ていました。サウンドバーシステムも購入検討してみようかなと思います。
今回の特典映像で映画本編のクライマックスとなる1985年のライブエイドのパフォーマンスがあるのですが、映画ではカットされた全曲のパフォーマンス映像が収録されています。ただしこちらも映画同様ライブ映像だけではなく途中切り替わったバックステージやチャリティー受付の部屋の音声やバーでTV視聴しているロンドン市民の映像などが間に入ります。できればステージのみの映像で音声トラックも1985年のライブ音源に一切手を加えないものも欲しかったと少し思いました。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』オフィシャルサイト| 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント

allenkk.hateblo.jp


音楽ランキング