60sec STEREO

音楽と情報を吸収する日常 ♬ サッカーやバスケが待つワクワクする週末!

2019東京都社会人サッカーチャンピオンシップ 2次戦準々決勝 南葛SC vs 日立ビルシステム

2019年3月3日 日曜日 あいにくの雨でした。ここ最近毎週のように世田谷区の駒沢オリンピック公園へ行っていますが、この日も2019東京都社会人サッカーチャンピオンシップ(通称 東京カップ)の の試合です。いよいよ2次戦となり関東リーグ勢との対戦となります。 先週と同じ補助球技場で 南葛SC vs 日立ビルシステムの試合が17時半から行われました。

東京カップ1次戦のAブロックを勝ち抜いて進出した我らが葛飾区の南葛SC(昨季の東京都1部リーグでは優勝)ですが、この先行く手を阻むのは2次戦から参加となる関東リーグ1部2部所属の東京5チームです。この5チームは過酷なオフシーズンの1次戦を戦わずに2次戦からという実質シード扱いですので、充分な休暇があったと思いますが、逆に考えれば公式戦から遠ざかっており戦い方がかえって難しいのかもしれません。
2次戦も同じく一つの会場で数試合行われます。南葛SCと同じく1次ブロックCを突破した東京蹴球団(東京都1部10位)と 東京ユナイテッド(関東1部3位)の試合が第1試合、第2試合は関東リーグ同士の対戦で、早稲田大学ア式蹴球部FC(※昨年まではチーム名 早稲田ユナイテッドで関東2部所属8位)vs エリース東京(今季は東京都1部に降格だが昨季は関東2部10位のため2次戦から出場)、第3試合は1次ブロックBを勝ち進んだ元日本代表の野口幸司氏が監督を務めるアローレ八王子(東京都1部6位)と東京23FC(関東1部4位)の試合が先に行われていました。この日は終始傘が必要な程度の雨が降っておりかなり肌寒かったです。3月になったということもあり少し油断していました。しかも第4試合で17時半キックオフでした。

今季新加入のメンバーはこの2次戦から出場可能となりどのような11人でスタートするのかかなり注目していましたが、ロアッソ熊本(J2)から新加入した青木剛選手はこの日は背番号16番、カベッサ選手は今季から背負う8番で登場。まだ東京都1部新シーズンの新ユニフォーム&登録背番号ではないようです。キックオフ時間ギリギリまで出てこない南葛SCイレブン&福西監督でしたが、この日のスタメンは(以下 敬称略)GK#1大河原、最終ラインは右から#6三原(新加入)、#14柴村、#33高櫻(新加入)、#5砂岡、中盤底は#16青木(新加入)、#28安田(cap)、2列目右ワイド#2能登(新加入)、左#24大河内(新加入)そして2トップは#9冨岡、#8カベッサでした。※背番号はこの日付けていた番号

先週の日曜日は地元の水元で45分×3本の練習試合が行われ千葉県1部所属のVONDS市原Vert(※関東1部 VONDS市原のセカンドチーム)に5-1という内容でした。試合形式ではここで様々なメンバーでの組み合わせを試していました。昨シーズンの馴れたメンバーで1次戦をやりくりしていましたが、この2次戦の初戦でいきなり5人の新加入選手を使ってきました。そういえば久しぶりの南葛らしい白い1stユニでした。ここ最近練習試合も含めてなぜか2ndのブルーばかりでした。お相手の日立ビルシステムは日立らしくチームカラーがイエローで遠目で見ると一見柏レイソルを思わせるユニフォームでした。南葛SCもJリーグを目指していずれ柏と対戦できるようになったらリアルに金町ダービーだと思うんですが。

とにかく雨でピッチのコンディションも悪く両チームやりづらい試合だったと思います。しかも相手は昨年は関東2部で今季からは1部に昇格した日立ビルシステムという2つもカテゴリーが上の格上のチームです。しかしこちらも都リーグ所属とはいえプロ選手やブラジル助っと人までいる10年以内にJ1リーグ入りを目指すチームです。ここはジャイアントキリングを起こして東京カップを制して東京都サッカートーナメント、その先の天皇杯まで昇り詰めたいところ。

試合は前半ペナルティエリア内へDFを5~6人引き連れて侵入した#カベッサが倒されPKを獲得、そのペナルティキックを新加入の#能登選手が助走なしのキックで決め1-0にした後、すぐに#16青木から##9冨岡へスルーパスが通り、サイドを縦に突破したあと一人交わしてゴール前にグラウンダーのパス、それをゴールに突き刺したのは#8カベッサ!1次戦からの息の合った2トップの活躍で2-0で前半を折り返します。

一応ハーフタイムでサブのメンバーはボール回しで軽く動いています。この試合は多くの選手が交代で出場出来るので試合中もピッチ脇で念入りにアップしていました。1次戦で活躍した#4近藤、#11疋田、#23東、それに#3ディビッソン選手までもこの日はサブメンバーになっています。新加入選手も元Jリーガーでカテゴリー上のチームからの移籍加入が多く早く試合に出て実力を示したいところ。後半途中から#3ディビッソン、#20佐々木、#23東、#25石井、#11疋田も投入され、右サイドバックの#6三原が左SBへポジションチェンジしたりしました。後半は追加点こそありませんでしたがきっちりと無失点で終わりました。

この試合を勝ち上がり2次戦準決勝へ駒を進めた南葛SC の次の対戦相手は関東1部リーグ所属の東京23FCです。このチームは同じ東京の東側をホームとするチーム、お隣のの江戸川区のチームで2つカテゴリーが上のチームです。同じく準決勝のもう一つのカードは東京ユナイテッド vs 早稲田大学ア式蹴球部FC になりました。これで2次戦は南葛SC以外の都リーグ勢は姿を消しました。今ベスト4ですがあと2つ勝ち東京カップを優勝すると、JFLの東京武蔵野シティと学生の部を勝ち上がった2チームとの東京都サッカートーナメント(天皇杯全日本サッカー選手権大会 東京都代表決定戦)へと繋がっていきます。

またそれとは別にこの日の勝利で第55回全国社会人サッカー大会・関東予選(6月に行われるそうです)に出場する東京代表の第1代表にも決定しました。オフシーズンから試合が続いていますが東京カップ終了後はすぐに東京都社会人1部リーグが開幕し、その後もいろいろと大会も多く過密なスケジュールです。

とにかく次の東東京ダービーとも言える準決勝 東京23FC戦 楽しみです!会場はまたしても世田谷区の駒沢オリンピック公園 補助球技場 !

次戦 2次戦準決勝 東京23FC戦はこちら
allenkk.hateblo.jp

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
にほんブログ村