60sec STEREO

最近は80年~90年代のCDレビューが中心のブログとなっています♪

2007 J1リーグ 第17節 川崎フロンターレ vs ジュビロ磐田 2007.6..23

水色ダービー等々力競技場 お客さん16,614人行ってきました。勝ちました。
 

f:id:allenkk:20070623192006j:plain
得点者:'3 前田遼一(磐田)、'20 ジュニーニョ(川崎F)、
'48 成岡翔(磐田)、'53 前田遼一(磐田)、'58 中村憲剛(川崎F)

水曜日の大宮戦ではドローに終わりましたがアウェイ3連勝を目指し乗り込んだ等々力競技場。30度近い暑さで選手もサポーターも着ぐるみも熱かった一日。アップ前には全選手による挨拶がありました。今日は村井が負傷と言うことで試合前に入ったスタメン発表では代わりに犬塚が!(試合開始されるまではボランチなのか、右サイドなのか?はたまた左か?判らず)今日もアウェイ自由席は見事に声の出たサポーターの声援!近年まれに見る盛り上がり。(主力選手が次々とチームを去ったとは思えない程の盛り上がりです!社長!)結局、基本的には3バックで犬塚はボランチ左のサイドは康太ではなく船谷、加賀が上がるときは4バック的になり吉彰はFW的に右の位置(場合によっては自由に)船谷はそれほど高い位置を取らず、2枚のボランチの横あたりにポジションを取ってました。左サイドの守備は船谷、右サイドは加賀が見てる感じでした。

      前田
              太田
  上田     成岡  
   
船谷 ファブリ 犬塚 

  大井       加賀 
       田中
  
       能活 

交代
茶野 ← 船谷(後半19分)
カレン ← 成岡(後半28分)
中山 ← 前田(後半44分)

ラッキーな先制は前田、その後も序盤はよく走るジュビロでした。ジュニーニョの個人技で見事に同点とされましたが、後半開始早々先日の横浜FC戦のような展開で、吉彰が右からドリブル、低いクロスで飛び込んだのはラララ成岡!アウェイ2試合連続の成岡のスーパーゴールでまたもや勝ち越し。さらによく走る前田に2点目が飛び出し逆転!!この時はゴール前に、前田以外にも船谷、成岡が詰めていてとにかくよく走ると点に結びつく様子。憲剛のビューティフルなFKもありましたが、茶野投入後は、加賀が憲剛をマンマークで守備。やはり後半はスタミナ切れか、走れず押し込まれましたが、何とか逃げ切りアウェイ戦3連勝!!

今日は松森もアップ時の玉拾いしてました。
ネクタイ姿でご苦労様。我々の仲間、頼れるイケメン広報