60sec STEREO

最近は80年~90年代のCDレビューが中心のブログとなっています♪

CD

Mötley Crüe(モトリークルー)1994年のバンド名をタイトルにした6thアルバム

NETFLIXで公開された伝記映画 ザ・ダート: モトリー・クルー自伝も話題な Mötley Crüe(モトリークルー)、オリジナルアルバム9枚のうちのバンド名をタイトルにした1994年のアルバム Mötley Crüe の輸入盤CDです。 バンド最大のヒット作となった1989年のモンス…

勢いのあった初期PEARL 1987年9月発売 PEARL SECOND(パールセカンド) 

ラグビーW杯日本代表はサモア下して開幕3連勝です!さてさて本日ご紹介するアルバムはPEARL SECOND(パールセカンド)1987年初期の4人でのバンド名 PEARL(パール)でのデビューアルバムからわずか8か月後に発売された2ndアルバム です。CBSソニーからのデビュ…

Three Snakes and One Charm(スリー・スネークス・アンド・ア・チャーム) - The Black Crowes (1996)

世間は日本で行われているラグビーW杯に加えバレーボールFIVBワールドカップ、さらに昨日から国内バスケットボールB1リーグ開幕、そして週末は佳境を迎えたJリーグも全国各地で開催とすっかりスポーツの秋ですが、今日はALLBLACKS(オールブラックス)ではな…

アルバム SEXUAL×××××!(1987)で田舎にも伝わってきたバクチク現象

本日2019-20シーズンのBリーグ(B1)も開幕しましたが今日はBTのお話。その昔BUCK-TICK(バクチク)がメジャーデビューの際に雑誌の裏表紙で初めて見たのだがその時はスゲー髪立てた連中が出てきたなと物凄い衝撃を受けましたが、いま見るとそうでもない大人…

1987年9月21日 PERSONZ(パーソンズ)メジャーデビューアルバム発売

今ではブログより簡単なSNSの方が主流で今必要な情報はツイッター検索が便利ですが人によってはよりコアな情報を欲しがっているのではないかと思い、ブログ中心で発信しております。さて2019年の今日もブレずに古い音楽レビューでPERSONZ(パーソンズ)のフ…

Stevie Salas presents The Electric Pow Wow(スティーヴィー・サラス・プレゼンツ・エレクトリック・パウワウ)1993

10月になり今年も街が頼んでもいないのにハロウィン仕様になりつつあります。さて本日はStevie Salas(スティーヴィー・サラス) の1993年のアルバム The Electric Pow Wow(エレクトリック・パウワウ)の紹介。 全14曲中カバーが9曲もあり企画もの的なアルバ…

歌い方の~クセが強い!CUTTING EDGE(カッティングエッジ) 1988

今月はブログのインポート作業や写真の入れ替えをしたためにはてなフォトライフの容量が上限の300Mまで達しそうです。月末の30日でリセットされるのかな?さて先日購入したビデオテープをSDカードに動画ファイル化出来るI-O DATA のビデオキャプチャー 「ア…

SWINGIN' DAZE 21st Century 30年前リリースの同アルバムの完全再現ライヴ盤

九月ももうすぐ終わり来月末のハロウィーン(Halloween)に向けて街がオレンジ色になりつつあります。さて久しぶりに新譜購入しました。RED WARRIORS(レッド・ウォーリアーズ)の SWINGIN' DAZE 21st Century 30年前リリースの同アルバムの完全再現ライヴ盤で…

バービーボーイズ オリジナルアルバム4作目 リッスン LISTEN!BARBEE BOYS4 (1987)

ラグビーW杯も盛り上がる今日この頃、書いてもかいてもダイソーCDクリーナーの記事にばかりアクセスがある謎のブログですが本日も気にせず更新していきましょう。さて今から32年前の1987年9月発売されたバービーボーイズ オリジナルアルバム4作目のLISTEN!B…

80年代バンドブーム真っ只中の2ndアルバム CASINO DRIVE / RED WARRIORS(レッド・ウォーリアーズ)

ラグビーワールドカップも無事に日本で開幕した今日紹介するのはレッズです。といってもサッカーの浦和レッズではなく同じ埼玉を代表するロックバンド RED WARRIORS (レッド・ウォーリアーズ)です。80年代のバンドブームの頃レッズといえばこっちでした。そ…

ALFEE GOLD(アルフィー・ゴールド)84発売のベストCD

我が家に初めてCDプレーヤーが来た日 1985年、それまでレコードで新譜を買いステレオで音楽を楽しんでいましたが、ついに最新メディアの光るレコードことコンパクトディスク(以下CD)を再生出来る機器をお年玉を貯めて購入しました。ソニーのミニコンポサイ…

David Lee Roth(デイヴィッド・リー・ロス) の ソロアルバム Eat 'Em and Smile(1986)

音楽系のブログを多数やりかけて何度も自然消滅させているのでたくさんの発掘記事があります。今回も発掘したものに加筆していきましょう!出てきたのはド派手なジャケットのアルバム Eat 'Em and Smile(1986) 80年代全米2位まで行ったアルバム1984で大成…

PSYCHEDELIX(サイケデリックス)MOVE ON/GREEN LIGHT (1992)

ギターストリングスと言えば? 2019年夏、相変わらず暑い日が続きます。最近ではギターを弾く機会もかなり減りましたがやっぱりエレキギター用のストリングスと言えばアニーボールだと思うのです。30年近く永く愛用しているので愛着があります。長く黄緑のレ…

さよならこんにちは (1982) 伊藤つかさ セカンドアルバム

関東を直撃した台風も去り穏やかに夏の終わりも近づいて来るはずなのに今日も猛暑!さよならこんにちは。さて今日は80年代に活躍したアイドル歌手 伊藤つかさ の 2枚目のアルバムのお話なわけです。 オリジナルは1982年ですがこちらのCDは2013年の再発でラグ…

ALFEE'S LAW 遂にシングルヒットを飛ばすか?アルフィー1983年のアルバム 

当時は頭にTHEが付かなかった日本が誇る御長寿バンドALFEE 7枚目のオリジナルアルバム ALFEE'S LAW (アルフィーズ・ロー)これは最初に買ったのがLPレコードでのちにCDで購入し直しました。もちろん今でもアナログ盤も所有してます。このアルバムはグループ…

Sadistic Mica Band 89年の再結成アルバム 天晴(あっぱれ)

アルバムの正確なタイトルは天晴ではなく天睛 サディスティック・ミカ・バンドといえば木村カエラの参加した2006年のアルバム NARKISSOS (ナルキッソス) の頃はよく記事にしていましたが、このアルバム 天睛(あっぱれ)は1989年4月発売でモデルの桐島かれん…

Duran Duran バンド名をタイトルにした1993年の通称 The Wedding Album (ザ・ウェディング・アルバム)

Duran Duran(デュラン・デュラン)といえば美顔ボーイズグループでニューロマンティックな80年代を駆け抜けたグループですが個人的にはSeven and the Ragged Tiger(1983年)以降は興味が薄れ、アンディ・テイラーが抜けてからは似て非なるバンドというイメ…

山下久美子 1987年 布袋プロデュースで放つPOP!

POP(ポップ)という言葉自体が80年代を表す代名詞 9月に入りましたがまだまだ暑い日が続きます。本日のお題 山下久美子のアルバム POP(ポップ) は1987年7月21日発売で当時のパートナー布袋寅泰プロデュースのかなりのビートロック感満載。BOØWY でいうとP…

小泉今日子 10枚目のアルバム Hippies(ヒッピーズ)

最近ヤプログがサービス終了ということで大量に記事インポートして思い出したCORINTHIANのフィギュアの存在。さてさて1987年にバリバリのアイドルだった小泉今日子さんがお出しになられたアルバム Hippies(ヒッピーズ)について書きます。半分少女ならぬ半…

サザンオールスターズ 7枚目のアルバム「人気者で行こう」1984年

8月30日はハッピーサンシャインデー!ひとつ前の記事で写真の角を丸くしてみたら気分が変わったのでスマホで少し写真加工してブログに使ってみようかなと思います。さて今回は邦楽で80年代の懐かしいヒット曲、ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY…

チープ・トリック40周年記念最新ベスト Greatest Hits -Japanese Single Collection-

チープトリック の新譜のベスト盤 購入 これは昨年の4月発売で予約購入しましたがブログに書き忘れていました。DVD付きのやつで日本発売の当時のシングルジャケットを再現したブックレットがすごくいい。 日本で発売されたシングル曲がUSオリジナル・シング…

Cymbals (シンバルズ) メジャー1st That's Entertainment

2000年にリリースされたメジャー1stアルバム 旧ブログからのインポートでかなり古い記事が混ざってしまい修正に時間がかかっています。さてその昔アナログBS衛星放送だった頃に音声Bモードという高音質放送がありましたがクラシックなどの一部の番組にしか使…

Use Your IllusionⅡ(ユーズ・ユア・イリュージョンⅡ )Guns N' Roses(ガンズ・アンド・ローゼズ)の2枚同時発売された2nd(3rd)アルバム

何十年も経っていまだに聴く機会があるのだから凄いバンドだなとつくづく思う。iPhoneの Musicアプリでアルバムジャケット見ると再生しちゃう印象的なジャケットがそうさせるのか?本当に不思議なモンスターバンドのモンスターアルバム。Ⅰ、Ⅱ通して唯一1曲目…

1999年 Mr. Big(ミスター・ビッグ) 5枚目のアルバム Get Over It(ゲット・オーヴァー・イット)

Richie Kotzen (リッチー・コッツェン)が電撃加入し1999年に発売されたアルバム。Mr. Bigオリジナルメンバーが好きな人にはあまり受け入れられなかった印象があります。この頃リッチーのソロ名義のアルバムは全部聴いてていた自分には好きな作品でした。この…

Private Eyes(プライベート・アイズ)Daryl Hall & John Oates (ダリル・ホール&ジョン・オーツ)1981年のアルバム

2週連続全米No.1に輝いた80年代を代表する名曲 Private Eyes(プライベート・アイズ)収録、ホール&オーツのアルバムです。この曲当時はFMラジオやベストヒットUSAなどのミュージックビデオ番組で聴いてお気に入りでした。ギターに鍵盤、ドラムと当時のバン…

デビュー当事若干17歳!Charlie Sexton(チャーリー・セクストン)の Pictures for Pleasure(ピクチャーズ・フォー・プレジャー)

1985年に発売されたCharlie Sexton(チャーリー・セクストン)のデビューアルバム 当事若干17歳という若さにもかかわらず渋い歌声を聴かせてくれます。声は最初聴いたときデビッド・ボウイ風だなと思いましたが今聴くとビリー・アイドルを意識してるなの路線…

1994年 Stevie Salas Colorcode(スティーヴィー・サラス・カラーコード)名義で4年ぶりのアルバム Back From The Living(バック・フロム・ザ・リビング)

Stevie Salas(スティーヴィー・サラス)は1990年のデビューアルバムでは Stevie Salas Colorcode(スティーヴィー・サラス・カラーコード)という3人組のバンドを名乗っていましたが、こちらがリリースされた1994年の時点ではすでにカラーコード自体がサラス…

Stevie Salas(スティーヴィー・サラス)× Bernard Fowler(バーナード・ファウラー) のユニット Nickelbag(ニッケルバッグ)1995年に唯一発表したアルバム「12 Hits & A Bump」

1995年 ボーカルにローリング・ストーンズのバック・ヴォーカリストとして知られる Bernard Fowler(バーナード・ファウラー)を迎えたStevie Salas(スティーヴィー・サラス)のロックユニット Nickelbag(ニッケルバッグ) これは発売当時に御茶ノ水のディスクユ…

Vince Neil(ヴィンス・ニール)1993年発売のソロ第一弾アルバム名盤 Exposed(エクスポーズド)

Mötley Crüe(モトリー・クルー)のボーカリスト、Vince Neil(ヴィンス・ニール)が一時モトリーを脱退していた(いや解雇された)頃の作品で、ギターの相棒にはSteve Stevens(スティーヴ・スティーヴンス)が参加。スティーヴも Exposed ではヴィンスから…

邦題「白夜のバイオレンス」HANOI ROCKS(ハノイ・ロックス)の1981年1stアルバム

1981年デビュー フィンランドのバンドHANOI ROCKS。勝手なイメージですが北欧出身には珍しくR&RやPunkを主体としたバンドでした。1981年のデビューアルバム Bangkok Shocks, Saigon Shakes (邦題は「白夜のバイオレンス」)こちらのCDは日本盤です。最初に買…