60sec STEREo

♪♪♪ MUSIC MUZIC MUSIQ ♪♪♪

90年代

1999年『ソル・パワー』Sol Power / Stevie Salas Colorcode(スティーヴィー・サラス・カラーコード)

Stevie Salas Colorcode(スティーヴィー・サラス・カラーコード)日本でのレア曲コンピレーションアルバム『Sol Power』(1999) Canyon International – PCCY-01376

1998年『ザ・サムタイムス・オルモスト・ネバー・ワズ』The Sometimes Almost Never Was / Stevie Salas Colorcode(スティーヴィー・サラス・カラーコード)

アルバム『The Sometimes Almost Never Was』は、スティーヴィー・サラス・カラーコードの1998年の作品 Canyon International PCCY-01280

1997年『ソウル・パワー』Seoul Power / Stevie Salas Colorcode(スティーヴィー・サラス・カラーコード)

韓国盤のStevie Salas Colorcode(スティーヴィー・サラス・カラーコード)アルバム『Seoul Power』発売は1997年で、日本盤の『Alter Native Gold』に追加収録された曲や、US盤『Alter Native: The Manly 12』収録のリミックス、さらにライブテイクや、3曲の…

1997年『カヴァー・ミー・イン・ノイズ』Cover Me In Noise / Stevie Salas Colorcode(スティーヴィー・サラス・カラーコード)

1997年7月発売の Stevie Salas Colorcode(スティーヴィー・サラス・カラーコード)の8cmシングル 『Cover Me In Noise』 Canyon International – PCDY-00145

1997年『オルタ・ネイティヴ・ゴールド』Alter Native Gold / Stevie Salas Colorcode(スティーヴィー・サラス・カラーコード)

1997年になってからリリースされた『Alter Native Gold』は、Stevie Salas Colorcode(スティーヴィー・サラス・カラーコード)の3枚目のアルバムの最終形態盤タイトルがいろいろな媒体で『オルタナティブ』と間違われているが、正確にはあえてオルタナティ…

1996年『Alter Native: The Manly 12 』US盤LP / Stevie Salas Colorcode(スティーヴィー・サラス・カラーコード)

こちらはアナログ盤の『Alter Native: The Manly 12 』自身のインディースレーベル Indanee から、US盤の9曲入りアナログLPです。日本でのアルバム発売と同じ1996年のリリースですが、こちらは日本でのLIVEかイベントで購入してサイン入り。 Indanee – MACK12

1996年『オルタ・ネイティヴ E.P. 』Alter Native E.P. / Stevie Salas Colorcode(スティーヴィー・サラス・カラーコード)

1996年のStevie Salas Colorcode(スティーヴィー・サラス・カラーコード)のアルバム『オルタ・ネイティヴ』に続いて日本でリリースされたEP『 Alter Native E.P.』 Canyon International – PCCY-01029日本でトヨタ チェイサー ツアラーVのCMで使われていた…

1996年『オルタ・ネイティヴ』Alter Native / Stevie Salas Colorcode(スティーヴィー・サラス・カラーコード)

スティーヴィー・サラス(Stevie Salas)のソロプロジェクト、Stevie Salas Colorcode(スティーヴィー・サラス・カラーコード)1996年のアルバム『オルタ・ネイティヴ』 オルタナティヴ・ロックとネイティブを掛け合わせたタイトルで、キャニオン・インター…

1994年『Back From The Living』US盤 / Stevie Salas Colorcode(スティーヴィー・サラス・カラーコード)

Stevie Salas Colorcode(スティーヴィー・サラス・カラーコード)名義でリリースした1994年のアルバム『Back From The Living』 こちらはUS盤で日本での発売から遅れて翌年の1995年に発売されたよう。 Pavement Music – 72445-15010-2

1996年『ウェイヴ・オブ・エモーション』 Wave of Emotion / Richie Kotzen(リッチー・コッツェン)

リッチー・コッツェン(Richie Kotzen)のアルバム、自身の名義としては6枚目になる『Wave of Emotion』 (1996年) 前作がほぼインストのフュージョン系のインストアルバム(ボーカル曲がラストの2曲のみ)だったのですが、このアルバムでは全編ヴォーカル…

1993年『ハーディーハーハー』 Har-Dee-Harhar / SLUMLORDS(スラムローズ)

スラムローズ(SLUMLORDS)は キャッツ・イン・ブーツ (Cats In Boots)解散後のTakashi O'hashi(大橋隆志)と、シューティング・ギャラリー(Shooting Gallery)のメンバー3人がニューヨークで結成したバンドこの1993年1月8日発売の日本でのミニアルバム…

2002『THE VIDEO COMPILATION I & II』DVD / Every Little Thing

2002年3月発売のEvery Little Thing(エヴリ・リトル・シング) のビデオクリップ集DVD『THE VIDEO COMPILATION I & II 』先に出ていた1998年3月発売の『The Video Compilation』と、2001年3月の『The Video CompilationII』の2枚を、1枚にまとめた全15曲入…

1990年『ナインティーズ』90's / パッセンジャーズ(PASSENGERS)

90年代に活動していた4人組バンド、パッセンジャーズ(PASSENGERS)当時ポニーキャニオンからリリースした、5曲入りのミニアルバム『90's』1990年発売です。 PONY CANYON / SEE・SAW PCCA-00040

1992年『恋の薔薇薔薇殺人事件』/ すかんち(SCANCH)

こちらは平成4年(1992年)に、すかんち(SCANCH)が発表したメジャー3枚目のアルバム『恋の薔薇薔薇殺人事件』(こいのばらばらさつじんじけん) 先の2作と同じ当時のCBSソニーからのリリース(SRCL-2341) 『恋の薔薇薔薇殺人事件』すかんち 1992年 ジャケ…

1999年『ライフ・ゲッツ・ユー・ダーティー』Life Gets You Dirty / マイケル・モンロー(Michael Monroe)

マイケル・モンローのアルバム 『Life Gets You Dirty』ドイツのレコード会社 SPV GmbH のハードロック・レーベル Steamhammer(スティームハマー・レーベル)に移籍しての第1弾、日本盤は日本クラウンから1999年発売(CRCL-4735)

1996年『カオス・アンド・ディスオーダー』Chaos And Disorder / プリンス(Prince)

4月21日は プリンス(Prince)の命日ですね。 今日はプリンスのアルバムを聴きました。この カオス・アンド・ディスオーダーは18枚目のスタジオアルバムで1996年7月9日に発表、関係悪化の一途をたどっていたワーナーブラザーズレコードとの最後のオリジナル…

1993年『ゲット・ア・グリップ』GET A GRIP / エアロスミス(Aerosmith)

28年前の今日 4月20日はエアロスミス(Aerosmith)の11枚目のアルバム『ゲット・ア・グリップ』が発売された日ツイッターで見かけたがアメリカなどでは4月20発売なのだが日本は1日遅れの21日らしい。このCDは93年当時リリース日に購入した日本盤のMVCG-108(…

1997年『ハッピーエンド・オブ・ザ・ワールド』HAPPY END OF THE WORLD / ピチカート・ファイヴ(PIZZICATO FIVE)

今日はピチカート・ファイヴ(co)プロデューサーに福富幸宏を迎えて制作されたアルバムで通算10枚目、メインボーカルが野宮真貴に代わってからは6作目のフルアルバム 日本コロムビアからプライベートレーベル Readymade Records を立ち上げ最初にリリースした…

1994年 『蒼い衝動』Woke Up With A Monster / チープ・トリック(Cheap Trick)

Cheap Trick (チープ・トリック) の 1994の作品 蒼い衝動 (原題は Woke Up With A Monster) エピックからワーナーに契約を移しリリースされた作品で日本ではまずますのヒットでした。こちらは発売当時の日本盤(Warner Bros. Records – WPCP-5772)でボーナ…

1992年『シューティング・ギャラリー』1stアルバム / Shooting Gallery

チェリー・ボムズ(The Cherry Bombz)が消滅したのが1986年、ソロ作 『Too Much Ain't Enough』 が1988年ですから、久しぶりに表舞台に戻ってきたアンディ・マッコイ(Andy McCoy) この時率いていたバンドが、この1枚のアルバムを残してまたしても早々と消…

1995年『ビルディング・オン・トラディション』Building on Tradition / Andy McCoy(アンディ・マッコイ)

ビルディング・オン・トラディションは、当時 元ハノイ・ロックスの中心人物でギタリストの アンディ・マッコイがリリースした、純粋なソロとしては 1988年の1作目以来のセカンドアルバム。自身が立ち上げたプロジェクトとしても短命に終わったバンド Shooti…

1992年『エルサレム・スリム』 / Jerusalem Slim(エルサレム・スリム)

ハノイ・ロックス(Hanoi Rocks)解散後にソロとなった マイケル・モンロー(Michael Monroe)が、1990年頃ギタリストのスティーヴ・スティーヴンス(Steve Stevens)やハノイのベーシストだったサム・ヤッファ(Sami Yaffa)などと結成した幻のバンド、エル…

1990年『ベリーバトゥン』Bellybutton / Jellyfish(ジェリーフィッシュ)

アメリカの90年代パワーポップバンド Jellyfish (ジェリーフィッシュ ) 1990年の1stアルバム Bellybutton(ベリーバトゥン)当時の輸入盤です。 The King is Half Undressed / Jellyfish ミュージックビデオ Bellybutton / Jellyfish (1990) 収録曲 様々な楽…

シングルス ピチカート・ファイヴ・イン・トライアド・アンド・レディメイド・イヤーズ

少し前までインスタグラムでCDジャケット写真をUPしていたのですが、それも長く続けていると飽きてしまい最近では更新するのが面倒になってきました。インスタ用に多くのCDのジャケット写真を撮影しているのでそれをこちらに使って記事にしていこうかなと思…

2010年『FANTASMA(1997)』-Remaster-2010 / Cornelius(コーネリアス)

コーネリアスが1997年に発表した3作目のスタジオ・アルバム 『FANTASMA』(ファンタズマ)の2010年リマスター盤レアトラックとDVDのディスクを追加した3枚組の初回限定盤です。 アルバム本編のDISC.1のリマスターは砂原良徳が手掛けています。三方背ボックス仕…

1991年『ハイヤー・セルフ』Higher Self / 氷室京介

氷室京介 1991年のソロ3枚目のアルバム Higher Self(ハイヤー・セルフ)初回盤です。通常のCDプラケースに24ページの写真集が付き、外箱が紙製ではなくプラスチックの透明ケースです。 ツアーバンドSP≒EEDとの共同制作されたサードアルバム 1枚目は吉田健、2…

1996年『Sex, America, Cheap Trick』4枚組CD・BOX / チープ・トリック(Cheap Trick)

1996年にリリースされたタテ型ブックタイプのボックスセット Cheap Trick (チープ・トリック) の4枚組CDBOXセット Sex, America, Cheap Trick (セックス・アメリカ・チープ・トリック) 1996年当時の日本盤初回生産分です。チープ・トリックは当時デビューか…

1997年『ゴートゥーヴィニイル』Go to VINYL / VINYL(ヴィニイル)

ボーカルとギターのロックユニット VINYL(ヴィニイル) 1997年発売 最初で最後のアルバム Go to VINYL (ゴートウ ヴィニイル)派手な色合いのイラストジャケットが印象的な外箱にCDケースが入ったタイプです。 VINYL/ゴー・トゥ・ヴィニイル

1995年『All That...And Born To Mack (Live in Japan)』 / Stevie Salas Colorcode

コロナに負けるな!さてさて今日ご紹介するのは今から遡ること25年前…ギタリストの Stevie Salas(スティーヴィー・サラス)が1995年に日本でリリースししたライブ音源 タイトルは「ライブ・イン・ジャパン All That...And Born To Mack」 Stevie Salas Colorc…

1994年『LIFE』(ライフ)/ 小沢健二

今年はずいぶんとブログ記事更新しました!なんとこのエントリーで179記事目、昔のブログブーム以来の更新数でした(いつまで続くのかわかりませんが…) 1994年発売 小沢健二の2枚目のアルバム さて、懐かしの1994年発売、ほとんどがシングルカットされたオ…