60sec STEREO

音楽 サッカー バスケ 外出記録 購入記録 レビュー など

SONY Bluetooth対応 ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BN 購入レビュー

AmazonSONYソニー )のワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-EX31BNを購入しました。カナル型Bluetooth対応イヤホン(ヘッドホン) です。今回は価格ドットコムで調べたらアマゾンが最安値だったのでネット注文しました。カラーはブラックと悩みましたがレッドにしてみました。

f:id:allenkk:20180726181922j:plain

新製品でも何でもないのですが定番で売れ続けてるモデルです。その分信頼して購入しました。以前使っていたスポーツタイプのヘッドホンのコードの部分が古くなりベタベタしてきたので、新しく同じようにBluetoothで無線接続できるものを探していましたが、3~4千円程度だと中国製が大半で種類が多く決めるのが大変で、数日間ネットショップを検索しましたが決め手がなく、今回は値段が少し高くても日本のソニー製のものにしました。

Bluetooth

Bluetoothとは編集

レシーバーとヘッドホンが別々のタイプでレシーバーをクリップでシャツやカバンのストラップに付けないといけないのがちょっと難点です。価格は6千円台でした。

f:id:allenkk:20180726182108j:plain

騒音を約98%カットするデジタルノイズキャンセリング機能が付いています。さすがのソニーの技術でほかの中国メーカーのなんちゃって機能とは格段の差です。充電用のUSBケーブルとスペアのイヤーピース、リファレンスガイドとクイックスタートガイドの2種類の解説書つき。初期設定では標準モードですがAACに対応したiphoneシリーズなどと接続するときは+ボタンを押しながら電源ボタンを2秒以上押してスタートすると高音質モードに切り替わります。この辺の機能に関しては解説書には記載がなくネット上のヘルプガイドに詳しく書いてあります。

f:id:allenkk:20180726184005j:plain

同時に買ったちょうどいいサイズのケースに入れてみました。ノイズキャンセリング機能は通常のものに加え。AIノイズキャンセリング機能も付いていますこれは周囲の音を解析して3種類のモードから自動的に切り替わります。まずは自宅で試すと話声は聴こえますがテレビの音が小さくなりました。レシーバーと分かれているのでヘッドホンは自分で持ってるもの(例えば高音質のもの)にも交換できますがノイズキャンセリング機能は使えなくなります。

実際に使用してみた感想

まずJRの駅ホームで使用してみました。イヤホンを装着し電源を入れるとホームに入ってくる電車のゴォーという低音域がすぅっと消えました。電車に乗り込んでAIノイズキャンセリング機能を試してみましたが、確かに効果ありで電車の走行音や車体の軋む音などは全くと言っていいほど消えます。電車内の音でいうと近くにいた親子の話し声は少し聴こえ、アナウンスなどはかなり小さな音になりました。電車が駅に到着しても騒音的なものは消されてるので気づかないこともありました。おそらくブーン、ゴォー、ザー、ドーンといった音はかなり消されてると思います。雑音が消え静かな図書館のような静寂といった感じでしょうか。その分音楽は細かい音まで聞こえるので電車内のリスニングに最適です。そのまま駅を出て外を歩いてみましたが雑音が消えていてよく聴こえるのは犬の鳴き声や子供の騒ぐ声などで、自動車の走行音や工事現場の雑音などは低減されて聴こえます。ノイズキャンセリングがこんなに効果があるとは思いませんでした。

以前使っていたスポーツタイプのヘッドホンについてはこちら
allenkk.hateblo.jp