iPod nano(第一世代)のバッテリー自主交換

iPod nano(第一世代)のバッテリーを分解して交換してみる

ちょっと懐かしいモデルiPod nano(第一世代)のバッテリーの持ちが悪くなり電池交換したいのですが

アップルストアの交換修理代が高額なので、代金¥6800をうかせるために自己責任による分解・ハンダ付けしてみました。

f:id:allenkk:20090331133711j:plain

通販で手に入る「iPod nano対応の大容量バッテリー交換キット」を購入。楽天市場より注文から2日程で到着


付属のプラスチック工具での分解は、かなり手こずります。

説明書も小さく英語表記であてにならず、ネットで調べた「テレカを隙間に挟み外す方法」も試しましたが・・・上手くいかず。

f:id:allenkk:20090331140415j:plain

あせるあまり、残高ありテレカがボロボロに・・・


付属工具(グリーンのやつ)は早い段階で死にました・・・

2本あって、うち1本はバッテリー外し用かもしれません。(説明書がアレなもんで・・・)

いろいろ試した結果、意外にもギター用のピック(¥100)が使いやすかった。


f:id:allenkk:20090331140344j:plain

とにかく開かない・・・ 壊しそう・・・


結局、ほとんどの作業はピックで行いました。無理してやるとカバー・本体共に歪(ゆが)んでしまうので注意!

特にピックはやや厚めなので歪(ゆが)み易い!ただその分開け易いです。

格闘すること20分程でやっと分解!


f:id:allenkk:20090331142531j:plain

ナノだけにかなり精密なのね


バッテリーは3本のコード(黒・赤・白)でハンダ付けされています。これをハンダを溶かして外し、

新しいバッテリー((黒・赤・白のコード))を同じくハンダ付けすればOKです。

基盤が小さいためハンダはかなり少量です。元のハンダのままでもいいかもしれません。

f:id:allenkk:20090331185047j:plain

先の細いハンダで作業したほうが無難です


ハンダ付けは経験者なら全く問題ないレベル。やはりカバー分解が難易度が高くコツが要ります。(焦ってはいけません)

あとは組み立て時にHOLDスイッチをうまくはめないといけません。(1度組み立ててまた外すのは大変)

また分解時に曲がってしまったツメの部分もある程度元に戻してから、組み立て直すのがベストです。

設計上、何度も交換組み立てするようなものではないです。


f:id:allenkk:20080820145051j:plain

これで通勤電車内でのバッテリー切れも心配なし


使用した感想は、以前よりも容量が多いためバッテリーの持ちが格段にいいそうです。



今回使用した交換バッテリー

ipod用バッテリー 電池 安い お得!!iPod nano大容量!交換バッテリー電池工具付

iPod nano対応の大容量バッテリー交換キットです。

●劣化して再生時間が短くなったIPOD NANOの内蔵バッテリーの交換が可能です。
●交換後は動作時間が長くなります。
●専用の工具付き。交換にはハンダが必要になります。

■詳細■ ・容量:400mAh
・電圧:3.7V
・付属品:バッテリー本体、工具2本
・対応機種:iPod nano

※分解・改造は自己責任で! 

関連記事:iPod第5世代(30GB VIDEO) のバッテリー自主交換
iPod 第5世代(30GB VIDEO) のバッテリー自主交換 - 60sec STEREO

広告を非表示にする