YouTubeにUPしたギター動画その8(2008年03月06日)

KAELA KIMURA - Yellow (Guitar cover)

木村カエラの1つ前のシングルYellowです。(もちろん耳コピです)TREE CLIMBERSと同じASPARAGUS渡邊忍氏(かなり厄介な音使いをするギタリスト)の作曲で、ギターのダビングによる癖のあるサウンドになっています。
コードのみで追っていくと進行自体は特に変っていませんが、リフのコード構成がやっかいでした。頭はBm7の変形だと思うのですが、5弦から2-X(ミュート)-2-3-2と思われます。1弦の2フレはかなり厳しいですが鳴らしたほうがカッコイイです。(動画では人差し指の第2関節辺りで押さえようとしましたが無理でした)次は5弦のB音のみ4弦開放のD音にし、また5弦のB音に戻す(4弦はもちろんミュート)という弾き方にしてます(多分こんな感じ)その後のコードはG→Eとなりますが、頭のBm7の形のまま6弦の3フレを押さえたG風のコード(3-2-X-2-3-X)から、Eの特殊な押さえ方(0-2-2-4-5-X)と弾きました。音を拾うと低音部はB→→B→D→B→→G(6弦3フレ)→E(6弦開放)と聴こえるのと、コードがG→Eとなるところで2弦の音が3フレ→5フレと聴こえるのでこうやって弾きました(もちろん合ってるかどうかは解りません)ここの部分はベース音(ルート)は上記の音ですが、コード的にはD→→D→D→D→→D→Eという感じのほうが近いかもしれません。
 その後はダビングが多いので基本カッティングパートをコピーしました。バンドで再現するにはアコギのパートをエレキでカバーしても最低2本のギターーパートが必要だと思います。サビ部分もコード感よりダビングされたフレーズで構成されていたので、なんとなく聴こえる感じで弾いてみました。(バンドスコアが発売される前の耳コピなのでご了承ください)

Yellow

Yellow